HOME社会基盤センター事業内容のご案内事業に関連するお知らせ「改訂版 組込みソフトウェア開発向け コーディング作法ガイド[C言語版]ESCR Ver.3.0」の書籍発行のお知らせ

本文を印刷する

社会基盤センター

「改訂版 組込みソフトウェア開発向け コーディング作法ガイド[C言語版]ESCR Ver.3.0」の書籍発行のお知らせ

2018年6月20日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア高信頼化センター

 IPA/SECでは、組込み機器において高品質なソフトウェアを開発するためESxR*1シリーズとして各種リファレンスを発行してまいりました。その一つである「組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド[C言語版]ESCR*2」は、C言語を用いて開発されるソフトウェアのソースコードの品質をより良いものとするために、組織やグループ内のコーディングルールを決める際の参考として利用していただくことを期待して、コーディングする際の注意事項やノウハウをルール集としてまとめたものです。  昨今のIoTの進展に伴い、組込み製品においてもセキュリティを意識した実装が強く求められるようになってきました。このような要請に応えるため、コーディングのレベルにおけるソフトウェアの脆弱性作りこみを回避できるよう、「組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド[C言語版] ESCR」の改訂版Ver. 3.0を2018年2月に公開しました。このたび、その内容を書籍化し発行しました。また、書籍化に伴いPDF版を更新し、併せて公開しました。

(*1) Embedded System development eXemplar Reference
(*2) Embedded System development Coding Reference

書籍版のご購入とPDF版のダウンロード

 書籍版のご購入とPDF版、「改訂版 組込みソフトウェア開発向け コーディング作法ガイド[C言語版]ESCR Ver.3.0」のダウンロードは書籍ページをご利用ください。