HOMEソフトウェア高信頼化事業内容のご案内事業に関連するお知らせ「つながる世界の品質指針検討ワーキング・グループ」を発足
~IoT機器・システムの品質確保に向けた指針の検討に着手~

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

「つながる世界の品質指針検討ワーキング・グループ」を発足
~IoT機器・システムの品質確保に向けた指針の検討に着手~

2017年7月21日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア高信頼化センター

 IPA/SECは2017年7月21日、「つながる世界の品質指針検討ワーキング・グループ」を発足しました。本ワーキング・グループは、IoT機器・システムの品質確保に向けた指針の検討を目的としたものです。9か月間の活動を通じて、IoT機器・システムの「設計レビュー」や「検証評価」、またそれらの「管理」のためのガイド類を整備し、「IoT製品・システムの品質確保ガイドブック」(仮)の作成を目指します。

 IPA/SECでは2016年3月、「つながる世界の開発指針」を策定しました。同指針ではIoT製品・システム開発時に考慮すべきポイントを提示しています。これに対して、本ワーキング・グループで示す指針は、IoT機器・システムの品質確保に焦点を当てたものです。品質の確保のためには、開発と同時に検証を行うことが重要であり、設計工程における品質確保や、テスト工程における検証/評価、そして、その管理に着目して、検討を実施します(下図)。

テスト工程
図 本ワーキング・グループでの検討領域
(1)管理 (2)設計レビュー・テスト設計 (3)テスト(検証・評価)

 現在、あらゆる産業分野においてIoT機器や関連システムの開発が進んでいます。その結果、これまでネットワークにつながっていなかった様々な機器・システムが開発当初は想定をしていなかった接続によって、セキュリティ上の脆弱性が発生したり誤作動を起こしたりと、つながることによる品質の確保が、より難しくなっています。

 各国/各業界団体ではIoT標準化の取り組みやガイドラインの策定を活発化させているものの、IoTの品質を確保するための取り組みは始まったばかりです。IoT機器・システムの品質を確保するためのガイド類を整備することは、国内産業の国際競争力の向上を目指す上で喫緊の課題といえます。

 こうした状況に鑑み、IPA/SECではIoTの安全安心に向けてテスト工程だけでなく、設計工程での品質確保や管理も含めて、検討を行っていきます。また、品質指針の策定にあたっては、各業界の有識者からの意見を適切に集約し、分野横断的に活用できる指針として、2017年度末を目処に取りまとめます。

 なお、ガイドブック作成後は、政府のIoT政策への提案や産業界への適用展開も予定しています。