HOMEデータ利活用の推進その他事業GNU GPL v3 解説書

本文を印刷する

データ利活用の推進

GNU GPL v3 解説書


GNU General Public License version 3(GPL v3)に対する逐条解説書 (第1版)のダウンロードサイトです。
本解説書は、IPA オープンソフトウェア・センターのリーガル・タスクグループ(Legal TG)と、米国SFLC (Software Freedom Law Center) との共同作業により作成したもので、GPL v3の各条文、パラグラフごとに、旧バージョンであるGPL v2からの異同を含め、具体的かつ平易に解説したものです。

オープンソースソフトウェアの応用や開発に携わる技術者、法務部門の担当者等に、現場の参考資料として活用されることを期待します。

ダウンロード
ご利用にあたって
本解説書は、広く活用できるよう「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示-非営利-改変禁止2.1」(Creative Commons License Attribution Non-Commercial No Derivatives 2.1) の条件のもとで公開します。内容を改変しない限り無償でダウンロードし利用することができます。出版等営利目的での利用は禁止しますが、企業・団体等の内部における利用(講習会、勉強会等)を目的とした複製及び翻訳については、無償で許可します。

GNU GPL v3 日本語翻訳ドキュメント

NU General Public License version 3(GPL v3)の日本語訳ドキュメントの ダウンロードサイトです。
ここに公開する日本語ドキュメントは、IPA オープンソフトウェア・センター(OSC)の リーガル・タスクグループ(リーガルTG)の活動成果としてまとめられたものです。

ダウンロード

ご利用にあたって
日本語訳は、2007年6月29日に発行されたGNU GPL v3の原文に対し、八田真行氏により翻訳された日本語訳をもとに、 IPAオープンソフトウェア・センターのリーガルTGが法的チェックを行い、発行しました。 日本語訳は、英語版に置き換わるものではなく、日本語による理解を深めるために作成されたものです。 正式な文書は、原文を参照してください。