HOME未踏/セキュリティ・キャンプ未踏事業2020年度未踏ターゲット事業公募概要

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

2020年度未踏ターゲット事業公募概要

最終更新日:2020年1月10日
IT人材育成センター
イノベーション人材部
未踏実施グループ

2020年度未踏ターゲット事業関連ページへのリンク

ページ内リンク

お知らせ

2020年1月10日 2020年度未踏ターゲット事業の公募受付を開始しました。

公募の概要

本公募では、革新的な次世代ITを活用して世の中を抜本的に変えていけるような先進分野について、基礎技術や領域横断的技術革新に取り組む未踏的IT人材(※1)が自らのアイディアや技術力を最大限に活かし将来の経済発展への貢献につなげていけるよう、ターゲット分野に興味を持つ人材からプロジェクトを募集します。
2020年度は、2019度に引き続き「量子コンピューティング技術を活用したソフトウェア開発」をターゲット分野として取り上げます。
2020年度は【区分1】を「アニーリングマシン向けソフトウェア開発」とし、【区分2】を「ゲート式量子コンピュータ向けソフトウェア開発」とします。各々の区分には「アプリケーション開発」と「ミドルウェア等開発」が含まれます。
なお、【区分1】【区分2】のいずれかを決めかねるプロジェクトの場合は【区分3】として応募してください。

※1 未踏的IT人材:ITを駆使してイノベーションを創出できる優れたアイデア・技術力をもつ人材を指します。

提案者の要件

提案者は、以下の条件をすべて満たすことが必要です(年齢制限はありません)。
  1. 個人または個人からなるグループであること(法人格のある組織としての提案は受け付けません。)
  2. 未踏ターゲット事業(ターゲット分野:量子コンピューティング技術を活用したソフトウェア開発)に個人として3回以上採択されていないこと(ただし、2回目以降の採択に関しては制限がありますので、詳細は公募要領の【参考資料1】で確認してください。)
  3. 育成期間(契約書における委託期間)に示す期間の間、日本に在住していること
  4. 提案プロジェクトを活用して、日本のIT関連産業の発展に寄与する意欲があること
  5. 反社会的勢力との関係性がないこと

募集プロジェクトの要件

募集するプロジェクトは、量子コンピューティング技術を活用したソフトウェア開発(アプリケーション開発及びミドルウェア等開発)で、下記2区分になります。どちらか一方の区分を選択して応募してください。ただし、【区分1】【区分2】を決めかねる場合は【区分3】として応募してください。なお複数の区分に応募することはできません。 以下は提案テーマの対象領域例になります。これらは参考例になりますので、要件に合致していれば他の対象領域でもかまいません。

【区分1】:アニーリングマシン向けソフトウェア開発

アプリケーション開発の対象領域(例)

  1. X-インフォマティクス用アプリケーション開発・性能評価(X=バイオ、材料、化学、物理等、現時点でXに入ると想定されていない分野も可)
  2. ロボットのモーションプランニング用アプリケーション開発・性能評価
  3. IoTデバイス・センサ用アプリケーション開発・性能評価
  4. 機械学習用アプリケーション開発・性能評価
  5. 応用数学用アプリケーション開発・性能評価(例:行列計算、テンソル計算、グラフ理論等)
  6. 量子化学計算用アプリケーション開発・性能評価 ...等

ミドルウェア等開発の対象領域(例)

  1. 現状のハードウェアの長所を活かす、または、要改善点をカバーするソフトウェア開発(例:最適アニーリングマシンの自動選択、グラフ埋込、グラフ分割等)
  2. イジングマシンを利用した数理最適化ソルバーやグラフ最適化問題ソルバーの開発
  3. 特定の領域(例: バイオインフォ、回路設計、スケジューリング問題等)において、アニーリングマシンで解きたい問題を簡潔に記述することができるDSLの開発
  4. 一般の組合せ最適化問題をQUBOへ効率的に自動変換する手法の開発
  5. アニーリングマシン利用の際の各種ハイパーパラメータの設定を簡単化するツール開発
  6. プログラミング言語不要なユーザーインターフェースの開発 ...等

【区分2】:ゲート式量子コンピュータ向けソフトウェア開発

アプリケーション開発の対象領域(例)

  1. 量子機械学習アプリケーション・性能評価
  2. 量子化学計算アプリケーション・性能評価
  3. 量子コンピュータに関するゲーム開発
  4. 対話型量子コンピュータ教育環境開発
  5. 量子コンピュータプログラミングコンテストシステム
  6. VRを用いた量子コンピュータのインターフェース ...等

ミドルウェア等開発の対象領域(例)

  1. 量子データ型変換、古典データの量子ランダムアクセスメモリー化ツール
  2. 量子システム設計・開発のためのツール(機械学習などを用いた量子ビット設計のための自動最適化ツール、量子誤り訂正エミュレータ)
  3. 量子コンピュータのための快適なユーザーインターフェース開発
  4. 量子コンピュータのためのデバッガー・コンパイラ開発
  5. 量子状態の可視化、量子計算の中間状態の可視化
  6. FPGAなどを用いた量子コンピュータのシミュレータ開発 ...等

【区分3】:【区分1】【区分2】を決めかねるソフトウェア開発

【区分1】【区分2】での応募を決めかねる提案プロジェクトの場合は、【区分3】として応募してください。【区分3】に応募される場合は、【区分1】【区分2】を担当する全PMが審査を行います。
※注意事項
  • 提案内容については、他人の保有する特許等に抵触していないか十分注意してください。
  • 応募は、1提案者について、1プロジェクトのみとします。
  • 所属する組織で既に取り組んでいる事業や研究・開発等と重複するテーマでの応募はできません。
  • IPAで実施している「未踏IT人材発掘・育成事業」「未踏アドバンスト事業」(以下、「他の未踏事業」という。)に応募することは可能ですが、いずれかの事業で採択が決定した時点で、重複応募したプロジェクトは未踏ターゲット事業の審査対象外となります。複数人による提案で、他の未踏事業へ応募しているメンバーが含まれている場合も原則同様です。

プロジェクトの応募枠について

提案プロジェクトは、以下のいずれかの応募枠を選んで応募してください。各応募枠に応募出来るプロジェクトの条件は以下のとおりです。
  1. 通常枠
    • 本事業の採択経験がない提案者が応募するプロジェクトの場合
    • 本事業の採択経験がある提案者が、採択経験がない区分に応募するプロジェクトの場合
  2. 応用・実用化枠
    • 本事業の採択経験がある提案者が、前回採択されたプロジェクトと同じ区分で、その応用・発展的な内容として応募するプロジェクトの場合

公募要領

公募内容、事業概要等の詳細については、下記の公募要領をご覧ください。

記入要領

提出書類のうち、申請書・プロジェクト提案書・事前確認シート【様式1 & 様式2 & 様式3】の内容は、全てWebフォームに入力していただきます。また、提案プロジェクト詳細説明【様式4】、再応募理由書【様式5】は、下記に定型フォームを準備していますので、必要に応じて利用してください。
なお、記入要領の詳細については、公募要領「7.提出書類記入要領」を参照してください。

提案プロジェクト詳細説明【様式4】、再応募理由書【様式5】定型フォーム

承諾書

所属組織からの承諾書

所属組織からの了解を証明するものとして、採択決定後、契約に際して承諾書を提出していただきます。承諾書に関しては、公募要領P.19「9.その他応募にあたっての注意点(2)」に説明があります。承諾書の提出ができない場合、辞退していただくことになります。
承諾書は、以下の記載例を参照して作成してください。

父母もしくは同等の親族等の保護者からの承諾書

未成年の応募者は、父母もしくは同等の親族等の保護者からの了解を証明するものとして、二次審査(ヒアリング)の際に承諾書を提出していただきます。承諾書に関しては、公募要領P.19「9.その他応募にあたっての注意点(3)」に説明があります。
承諾書は、以下の記載例を参照して作成してください。

応募方法

提案書類は、電子申請にて受け付けます。電子申請以外での提出は受け付けませんので注意して下さい。

申請にあたり応募のエントリー(事前申請)が必要となります。
 詳細は公募要領内「6. 応募方法等」を確認してください。

公募受付期間

2020年度未踏ターゲット事業の公募への申請締切日及び締切時刻は、2020年2月28日(金)12:00(正午)とし、締切時刻までに電子申請で受理したものを有効とします。
応募のエントリー(事前申請)の受付期間は、2020年2月28日(金)9:00まで

Webフォームの登録が完了した時刻をもって受理時刻とし、締切時刻までにIPAで受理した提案について審査を行いますので、電子申請を行う際には、時間に余裕を持って作業するようにお願いします。
(登録完了までは、最低でも15分程度は必要ですので、公募要領の参考資料3「Webフォームの画面イメージ」を参考に、事前に入力する内容を準備しておくことを推奨します。)

なお、ログイン後、長時間申請を行わない場合、セッションが切れますのでご注意ください。

二次審査(ヒアリング)の予定

一次審査を通過した提案プロジェクトに対して二次審査を行います。二次審査の日程は、一次審査を通過した提案者に個別に連絡します。

公募説明会

以下の日程で、2020年度未踏ターゲット事業の公募説明会を実施いたします。
  • 日時:2020年1月17日(金)18:00-19:00
  • ※公募説明会に関する詳細情報や参加申込みは、以下のWebページをご覧ください。

FAQ

本事業の公募に関するお問合せは、まず以下のFAQをご確認ください。
FAQに記載されていないご質問につきましては、下記お問合せ先に電子メールでお問合せください。

お問合せ先

本公募に関する問い合わせは、先ず、本公募のFAQをご確認ください。
その他のご質問につきましては、以下の連絡先へ電子メールにてお問合せください。

IPA IT人材育成センター イノベーション人材部 未踏実施グループ
未踏ターゲット事業事務局
E-mail:ihrc-mitoutg2020-koubo@ipa.go.jp

更新履歴

2020年1月10日 2020年度未踏ターゲット事業公募概要のページを掲載しました。

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

未踏/セキュリティ・キャンプ