HOMEIT人材育成実践的IT人材育成支援IT人材育成iPediaOSS人材育成

本文を印刷する

IT人材育成

OSS人材育成

オープンソフトウェア・センターは、人材育成ワーキンググループ(WG)を結成し、OSSの人材育成に取り組んできました。この結果、2008年10月に、「OSSモデルカリキュラムv1」を公開し、以降、導入実証事業によりOSSモデルカリキュラムの普及を図ってきました。 オープンソフトウェア・センターとIT人材育成本部産学連携推進センターは、2011年5月にOSSモデルカリキュラムV1の拡充を行い「OSSモデルカリキュラムv2」を公開しました。 また、OSSモデルカリキュラムの作成と普及にあたっては、日本OSS推進フォーラムの 「人材育成部会」及び北東アジアOSS推進フォーラムの 「WG2:人材育成」とも連携をすすめてきました。 本Webサイトは、OSSモデルカリキュラムに係わる成果を集めたものです。皆様からのご意見も参考にして、より良い情報をタイムリーに公開してまいります。

 OSSモデルカリキュラムに関するお問合せ   email_innov-info

OSSモデルカリキュラムV1

 27のOSS関連教科のシラバスと53科目の学習ガイダンス

OSSモデルカリキュラムV2

 30科目54のOSS関連教科のシラバスと学習ガイダンス OSSモデルカリキュラムV1のシラバス、学習ガイダンスについて拡充等
 を実施。