これまでの未踏事業【未踏通信】第1号バックナンバー

本文を印刷する

【未踏通信】第1号バックナンバー

最終更新日:2013年7月5日
IT人材育成本部
イノベーション人材センター
未踏人材グループ

【未踏通信】第1号 (2013.07.05)

皆さま、はじめまして、未踏通信編集局です。
未踏通信 第1号をお送りします。

この未踏通信は、未踏OBからの技術関連のコラム、未踏のイベント情報など、未踏事業に関連する情報をお知らせするメールニュースです。
随時お送りしてまいりますので、ご愛読いただけたら幸いです。

TECHNOLOGY EYE(未踏OBが見た最新技術動向のコラム)

RFIDタグがショッピングシーンを変える

未踏2012年度の直江憲一です。未踏では、汎用の図鑑システムをWeb上に作り、誰もが手軽に図鑑を作れ、手軽にみんなで図鑑を共有できるWebサービスzukan.com を開発して公開しましたのでご覧ください。

さて、私は最近、「ショッピングカートはそろそろ商品の合計料金くらい計算できてほしい」と思っています。小売されている全商品に UHF帯 RFIDタグを取り付けて、全ショッピングカートにRFIDリーダ搭載の端末を装着した次世代ショッピングカートには、大きな可能性があるのではないでしょうか。

ショッピングカートがカート内の商品を認識できることによって、ユーザはカート内の合計金額をリアルタイムに知ることができるようになり、レジもこの情報を一瞬で読み取ります。これは一度体験してしまったらもう元には戻れない体験です。
また、情報端末付きのカートが店内を廻ります。これは詳細な顧客の行動履歴を収集するチャンスです。
RFIDタグ付き商品が浸透すれば、レジの混雑は緩和され、家に帰えれば冷蔵庫が賞味期限を教えてくれるようになるでしょう。

課題はたくさんあります。ポテトチップスに代表されるアルミ包装商品やペットボトルなどの水系商品やお惣菜などの簡易包装商品への対応。
そして、RFIDリーダの長時間駆動や電波法との兼ね合いがあります。
とはいえ、タグの単価はどんどん下がっていき、タグを印刷できる技術も進んでいることから、全商品に RFIDタグが埋め込まれている未来が予見されます。

EVENT INFORMATION(未踏事業に関連したイベントのご案内)

2013年7月26日「未踏交流会」開催

来る7月26日(金)、産学連携を推進されているアキバテクノクラブ様(※1)との共催により、下記のとおり「未踏交流会」を開催いたします。

これまで、毎回大盛況となっております「未踏交流会」。
毎回、参加メンバーの入れ替わりはありますが、その度に新しい出会いと交流が生まれ、参加された皆さまからは、大変好評をいただいております。

さて今回は、講師に株式会社グッド・グリーフ 代表取締役の朝倉 民江氏をお迎えしての講演、そして懇親会会場では、これまでと同様、参加者によるショートプレゼンテーションを予定しています。

当日ご参加される皆さまは、ぜひ積極的にショートプレゼンテーションでのプレゼンテーターにお申込みいただき、日頃の活動、アイディア、成果等をご披露ください。

また、この機会を利用して、未踏クリエータと、一般参加者の方、そしてアキバテクノクラブのメンバーの方々との交流による、コミュニティーの輪を広げていただければと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■「未踏交流会」開催概要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
開催日時:2013年7月26日(金) 17:00~20:00
開催場所:秋葉原ダイビル5F カンファレンスフロア5C
所 在 地:東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル5F
交通案内:www.akibahall.jp/data/access.html
定  員:50名
参 加 費:講演は無料。
     ショートプレゼンテーション&懇親会は1,000円。(ドリンク・軽食代)
     (事前申込み制)

プログラムの詳細は、後日HPにアップします。
www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2013/event/kouryukai20130726.html


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ 「未踏交流会」参加申込み方法
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
参加ご希望の方は、下記URLの受付ページよりお申込みください。
(先着順で受付けし、満員の場合はお断りする場合もあります)

https://ipa-rcpt.ipa.go.jp/event_entry/index/18/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ショートプレゼンテーションのプレゼンテーター希望者申込み方法
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ショートプレゼンテーションのプレゼンテーターを募集しています。
詳しくは以下のページをご覧ください。

www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2013/event/kouryukai20130726.html

----------------------------------------------------------------------
※1 アキバテクノクラブ
「秋葉原ダイビル産学連携フロア」に入居する大学・企業等が構成メンバーと
なり、各メンバー間のコミュニティ形成を目的とする「相互交流の場の創出」
や、メンバー内外に向けた「活動内容等の情報発信」等の活動を行って「IT
基盤型先端技術による産業の創出と再生」に繋げることを目指しています。

▼アキバテクノクラブWebページ:
www.akiba-sangaku.jp/concept/index.html
----------------------------------------------------------------------

EVENT REPORT(最近開催されたイベントのご報告)

第19回未踏スーパークリエータ認定証授与式

5月29日、新宿のホテルサンルートプラザ新宿で「第19回未踏スーパークリエータ認定証授与式」が開催されました。2012年度のスーパークリエータは12名。それぞれが卓越した成果を上げた方たちです。

授与式では、統括PMの夏野剛氏が「スーパークリエータは、スターティングポイントとしてこれ以上ない恵まれた称号。是非、武器として活用して欲しい」と語り、続いてIPAの藤江一正理事長より認定証が手渡されました。

認定者の代表として挨拶した大嶋泰介さんはプロジェクトの過程でPMから適切なタイミングで指導を受けられたエピソードに触れ、「未踏は個人の着想を理想の形で実現させてくれる場でした」と振り返りました。

その後、12名から成果についてのプレゼンテーションがあり、授与式閉会後は、会場内に設けられた成果展示・ポスターセッションで、スーパークリエータと来場者の方たちとの率直な情報交換が行われていました。

未踏通信編集局より

第1号はいかがだったでしょうか。
IPAでは、現在、2013年度未踏IT人材発掘・育成事業の公募を実施中です。7月17日(水)が公募の締め切りですが、どんな独創的なアイデアが寄せられるのか楽しみです。
また、未踏交流会以外にも、今秋に第2回の未踏シンポジウムを開催するなど、未踏事業をご理解いただくための幅広い活動を計画しています。詳細は決まり次第お伝えしてまいりますので、どうぞご期待ください。

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。