HOME未踏/セキュリティ・キャンプ未踏事業未踏公募エントリー応援コンテンツ

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

未踏公募エントリー応援コンテンツ

最終更新日:2016年2月24日
IT人材育成本部
イノベーション人材センター
未踏人材グループ

未踏公募エントリー応援コンテンツ No.3

皆さま、こんにちは、未踏通信編集局です。
このコンテンツは、未踏通信編集局から、未踏事業の公募にエントリーをしていただいている皆さまへ向けて送った応援メールを編集しております。

応募締切りまでの間、未踏へのチャレンジの思いを膨らませていただけるよう、申請書作成のための参考ポイントや、実際に採択された先輩未踏クリエータの方々からの、「書き方のコツ」や「応援メッセージ」を幾度かに分けてお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてください。

今号のポイント!

未踏事業成果報告会をみてみよう!

現在開発進行中の2015年度未踏プロジェクトの成果報告会が、2016年2月20日(土)・21(日)の2日間、富士ソフトアキバプラザ(東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル)で開催されました。
成果報告会は、文字通り未踏期間にクリエータたちががんばって組上げた成果の発表の場です。入場はもちろん無料。事前に参加申込みをしておけば誰でも聴講できます。

現役の未踏クリエータたちが何を考え、何を生み出したのか。実際に採択されたプロジェクトを、自分の目で確かめ、納得できるまたとないチャンス。アイデアをブラッシュアップするのにも、大いに参考になるはずです。機会があればぜひ、ご来場ください!

なお、2012年度からは、成果報告会の発表をYouTubeの「IPAチャンネル」からご覧いただけます。
2015年度の発表は近日中に公開予定(2016年2月22日現在)。いましばらくお待ちください!

未踏事業動画別ウィンドウで開く

【未踏格言】
2~3枚で書かれた提案書は通らない

突然ですが、未踏格言をひとつ。
2~3枚で書かれた提案書は通らない
未踏プロジェクトの応募に欠かせない提案書、正式には、「様式4」の【提案テーマ詳細説明】と呼ばれるものについての格言です。
冒頭に「合計10ページ以内にまとめて記入して下さい」とありますが、実際には何枚くらいが適切なのでしょうか。

もちろん正解はありません。ただ、これまでの傾向から考えると、2、3枚程度のボリュームのものは一次選考に通らないケースが多いように思えます。それはそうですよね。応募者が情熱をかけて開発したいと願うプロジェクトなら、2、3枚程度の書類で語りきれないはず。

ご自分のアイデアを過不足なく、効率的に伝える工夫をしてみてください。きっとそれが正解です。

先輩からの応援メッセージ

【笹川真奈さん(2014年度採択)】
採択テーマ:電車で効率よく座るための支援アプリケーション

未踏プロジェクトにようこそ。
まずは応募してみてください。

私達OB/OGの言葉から想像するよりもはるかに、すさまじい体験ができることは間違いないです。人生で忘れられない、濃い9ヶ月になります。私は、この9ヶ月の間、同期の中で誰よりも成長できたと思っています。とても打たれ強くなりました <笑>。

当時、私は締切りのぎりぎりまで応募しようかどうか迷っていましたが、今思うとあの時頑張って書いて締切間際でも出してよかったなと、心から思います。
想定以上にものすごい体験をすることになりましたが、人生の分岐点だと感じるくらい、学べることが多かったです。

テーマに関しては、もしアイディア勝負の面が強かった場合、世の中にどうインパクトを与える可能性があるか等、ビジネス面に関しても言及するといいかもしれません。自分のテーマに自信を持って、いかに魅力的かを堂々とPMに伝えれば採択されると思います。

是非、チャレンジして欲しいです。頑張ってください。

▼笹川プロジェクト概要ページ
http://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2014/gaiyou_i-1.html

未踏通信編集局より

今回は以上ですが、参考になりましたでしょうか?
皆さんからのワクワクするような提案をお待ちしています。

では、また!

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

未踏/セキュリティ・キャンプ