HOME未踏/セキュリティ・キャンプ量子コンピューティング技術シンポジウム

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

量子コンピューティング技術シンポジウム

最終更新日:2019年3月15日

IT人材育成センター
イノベーション人材部
未踏グループ

 経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、次世代ITを活用し、先進分野のIT人材育成の一環として、未踏ターゲット事業を実施しています。
このたび、将来の経済発展への貢献に向け、本事業分野(アニーリング部門、ゲート式量子コンピュータ部門)を対象とした「量子コンピューティング技術シンポジウム」を開催します。

 「量子コンピューティング技術シンポジウム」は、主に量子コンピュータの関連技術に関心のある技術者、研究者を対象にしています。
当該分野の第一人者を迎え、次世代計算機の展望についての基調講演や、ゲート式量子コンピュータやアニーリングマシン等の量子コンピューティング技術に関する最新動向・研究活用事例を紹介します。

 なお、両会場ではそれぞれ異なる事例を紹介します。
多くの事例からの気づき、学びが得られることが期待できますので、両会場への参加をおすすめします。

開催概要

京都会場 東京会場
開催日 2019年3月11日(月) 2019年3月18日(月)
時間 13:00~18:00(受付開始 12:30)
参加費 無料
会場 リーガロイヤルホテル京都
〒600-8237
京都府京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1番地
・最寄駅:京都駅
会場へのアクセス 京都会場へのアクセス
東京ミッドタウン ホール(B1F)
〒107-0052 
東京都港区赤坂9-7-1
・最寄駅:六本木駅
会場へのアクセス 東京会場へのアクセス
プログラム ・基調講演 (D-Wave Systems Inc.)
・パネルディスカッション
・未踏ターゲット事業採択プロジェクト紹介
・個別セッション
※京都会場の詳細なプログラムはこちら
・基調講演 (IBM)
・パネルディスカッション
・未踏ターゲット事業採択プロジェクト紹介
・個別セッション
※東京会場の詳細なプログラムはこちら
京都・東京両会場の開催概要チラシはこちらからPDF
参加申込 ※京都会場の参加申込は締め切りました。 ※東京会場の参加申込は締め切りました。
京都・東京両会場に参加をご希望の方は、それぞれ参加申込を行ってください。
当日は受講票をお持ちください。
詳しい参加申込方法はこちらをご覧ください。

プログラム

京都会場

2019年3月11日(月)
開会挨拶
13:00~13:05
独立行政法人情報処理推進(IPA) 理事長
富田 達夫
基調講演
13:05~14:00
Dr. Edward (Denny) DahlDr. Edward (Denny) Dahl

Quantum Annealing Applications with the DW-2000Q

Dr. Edward (Denny) Dahl
エドワード(デニー)ダール博士

Principal Research Scientist, D-Wave Systems Inc.
パネル
ディスカッション
14:00~15:20
北川 勝浩 氏

モデレータ:北川 勝浩 氏

大阪大学先導的学際研究機構 量子情報・量子生命研究部門長
大阪大学大学院基礎工学研究科 教授
田中 宗 氏

田中 宗 氏

早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構
主任研究員(研究院准教授) 兼 JSTさきがけ研究者
田村 亮 氏

田村 亮 氏

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 主任研究員
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 講師
藤井 啓祐 氏

藤井 啓祐 氏

京都大学 大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻  
特定准教授(テニュアトラック・卓越研究員)兼 JSTさきがけ研究者
鈴木 泰成 氏

鈴木 泰成 氏

日本電信電話株式会社 セキュアプラットフォーム研究所 研究員
15:20~15:45 休憩
未踏ターゲット事業
採択プロジェクト紹介
15:45~16:10
「アニーリングマシンによるゲノム配列解析基盤の構築」
松本 悠希 氏、中村 昇太 氏 
「時間依存密度行列繰り込み群法による量子アニーリングシミュレータの開発」
柚木 清司 氏、曽田 繁利 氏 
「web開発向けオープンソース量子計算ライブラリの開発」
山下 広嗣 氏、熊田 圭佑 氏、安田 京太 氏
個別セッション
16:10~17:50
松田 佳希 氏

「誰でも使える量子コンピュータを目指して」

松田 佳希 氏
株式会社フィックスターズ ソリューション事業部
エグゼクティブエンジニア
東 圭三 氏

「ビジネスを加速する先端テクノロジー『富士通デジタルアニーラ』について」

東 圭三 氏
富士通株式会社 AIサービス事業本部長
山岡 雅直 氏

「日立CMOSアニーリングマシンの概要と開発状況」

山岡 雅直 氏
株式会社日立製作所 研究開発グループ 主任研究員 
渡辺 日出雄 氏

「IBM QおよびIBM Q Hub @ Keioの活動のご紹介」

渡辺 日出雄 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 部長
工学博士 
閉会挨拶
17:50~18:00
京都大学 大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻  
特定准教授(テニュアトラック・卓越研究員)兼 JSTさきがけ研究者
藤井 啓祐 氏

東京会場

2019年3月18日(月)
開会挨拶
13:00~13:05
独立行政法人情報処理推進(IPA) 理事長
富田 達夫
基調講演
13:05~14:00
Dr. Jay Gambetta ジェイ・ガンベッタ博士

Benchmarking NISQ-era quantum processors
「NISQ時代の量子プロセッサのベンチマーク」

Dr. Jay Gambetta
ジェイ・ガンベッタ博士

IBM Fellow and Global lead of Quantum Computing Theory, Software, and Applications
パネル
ディスカッション
14:00~15:20
嶋田 義皓 氏

モデレータ:嶋田 義皓 氏

国立研究開発法人 科学技術振興機構
研究開発戦略センター フェロー
田中 宗 氏

田中 宗 氏

早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構
主任研究員(研究院准教授) 兼 JSTさきがけ研究者
棚橋 耕太郎 氏

棚橋 耕太郎 氏

株式会社リクルートコミュニケーションズ
リードエンジニア
山本 直樹 氏

山本 直樹 氏

慶應義塾大学 量子コンピューティングセンター センター長
理工学部 物理情報工学科 准教授 博士(情報理工学)
佐藤 貴彦 氏

佐藤 貴彦 氏

慶應義塾大学 量子コンピューティングセンター
特任助教
15:20~15:50 休憩
未踏ターゲット事業
採択プロジェクト紹介
15:50~16:10
「バイオインフォマティクス領域におけるアニーリングアプリケーションの開発」
山崎 清仁 氏 
「量子アニーリングマシンを使用したスケジューリング問題ソルバーの開発」
盛川 英典 氏、石崎 文雄 氏 
個別セッション
16:10~17:50
西村 直樹 氏

「オンラインサービスでの量子アニーリングの応用」

西村 直樹 氏
株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部
永山 翔太 氏

「メルカリにおける量子情報研究」

永山 翔太 氏
株式会社メルカリ R4D シニアリサーチャー 博士(政策・メディア)
棚橋 耕太郎 氏

「PyQUBOで変わるアニーリングライフ」

棚橋 耕太郎 氏
株式会社リクルートコミュニケーションズ
リードエンジニア
渡辺 日出雄 氏

「IBMでの量子計算研究のご紹介」

渡辺 日出雄 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 部長
工学博士
閉会挨拶
17:50~18:00
早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構
主任研究員(研究院准教授) 兼 JSTさきがけ研究者
田中 宗 氏

参加申込

京都会場 東京会場
開催日 2019年3月11日(月) 2019年3月18日(月)
参加申込 ※京都会場の参加申込は締め切りました。 ※東京会場の参加申込は締め切りました。

申込手順

1. 会員登録 「申込みはこちら」をクリックすると、会員ログイン画面に遷移します。
登録がお済みでない方は「こちらで新規登録」をクリックして、ご登録ください。
ご登録済みの方はログインしてください。
2. お申し込み 上記ログインページからログインすると、イベント・セミナー情報が表示されます。内容をご確認のうえ、お申し込み手続きを行ってください。
※京都・東京両会場に参加をご希望の方は、それぞれ参加申込を行ってください。
3. 登録完了(受講票) 表示画面を必ず印刷またはスクリーンショット等にて保管してください。
4. 当日受講 受付にて、受講票をご提示ください。

お問い合わせ

本ページに記載の内容に関するお問合せは【innov-event@ipa.go.jp】で受け付けております。

更新履歴

2019年3月15日 東京会場のプログラムを更新しました。
2019年2月28日 京都会場、東京会場のプログラムを更新しました。
2019年2月14日 京都会場、東京会場のプログラムを更新しました。
2019年2月 5日 参加申込受付を開始しました。
2019年1月11日 「量子コンピューティング技術シンポジウム」開催のご案内を掲載しました。

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

未踏/セキュリティ・キャンプ