HOME未踏/セキュリティ・キャンプ未踏事業未踏IT人材発掘・育成事業:2018年度採択プロジェクト概要(清川・友近PJ)

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

未踏IT人材発掘・育成事業:2018年度採択プロジェクト概要(清川・友近PJ)

最終更新日:2018年7月3日

1.担当PM

首藤 一幸(東京工業大学 情報理工学院 准教授)

2.採択者氏名

清川 拓哉(奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域)
友近 圭汰(株式会社リクルート住まいカンパニ― ネットビジネス統轄本部 データソリューション推進部 データソリューション2G)

3.採択金額

2,304,000円

4.テーマ名

認識AIを迅速に賢くするフレームワークの構築

5.関連Webサイト

なし

6.申請テーマ概要

 本プロジェクトでは、深層学習による物体認識のための学習データセットを、瞬間的に生成する自動化システムを開発する。これまでの学習データセットは、人がアノテーション作業を行うことで、大量の撮影画像に対する正解データを生成してきた。この手作業が膨大な労力と時間を要するため、本プロジェクトでは手作業が不要な学習データセットの自動生成システムを開発する。
 近年、産業界では多様なニーズに対応する生産ラインが求められており、常に変わり続ける生産物と生産量に柔軟に対応できる「変種変量生産」を可能にする枠組みの構築が急務である。深層学習を用いることで、多品種製品の高精度な認識は可能となった。しかし、学習データセット生成の時間と手間が「生産ラインの迅速な組み替え」のボトルネックになっている。本プロジェクトの成果により、そのボトルネックを改善し、変種変量生産ラインの自動化の普及を支援する。

7.採択理由

 画像認識のAIを超短時間で作り上げる技術の提案である。すでにいろいろなアイディアを盛り込んであり、かなり早いAIの生成ができているのだが、さらなるアイディアがあり、また、事業まで持っていく強い意欲もある。成果物、世へのインパクト、また、他の未踏クリエータへの刺激などなど、多いに期待している。

更新履歴

2018年7月3日 2018年度採択プロジェクト概要(清川・友近PJ)を掲載しました。

未踏/セキュリティ・キャンプ