HOME未踏/セキュリティ・キャンプ未踏事業未踏IT人材発掘・育成事業:2018年度採択プロジェクト概要(片倉PJ)

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

未踏IT人材発掘・育成事業:2018年度採択プロジェクト概要(片倉PJ)

最終更新日:2018年7月3日

1.担当PM

稲見 昌彦(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)

2.採択者氏名

片倉 翔平(明治大学 大学院 学生)

3.採択金額

2,304,000円

4.テーマ名

3Dプリントするオブジェクトの動きを3Dプリンタ上で表現するためのソフトウェアプラグイン

5.関連Webサイト

なし

6.申請テーマ概要

 本プロジェクトでは、3Dプリントするオブジェクトの動きを3Dプリンタ上で表現するためのソフトウェアプラグインを開発する。
 現在、3Dプリンタは主にCAD上で製作したオブジェクトやインターネット上でダウンロードしたオブジェクトを出力することに使われている。本プロジェクトでは、FDM(熱溶解積層法)方式の3Dプリンタを使い、プリンタに内蔵されたアクチュエータでプリントしたオブジェクトを動かすことや、プリントするタイミングを分割することによってオブジェクトの時間変化を表現する。これらを実現するため、プリントするオブジェクトの動きをデザインする機能と、そのオブジェクトとインタラクション可能にするための機能を3次元CADソフトウェアのプラグインとして実装する。
 本プロジェクトによって、3Dプリンタが3次元のオブジェクトを印刷する機械としてだけでなく、インタラクション可能なメディアとして拡張されることが期待される。

7.採択理由

 3Dプリンタはプロトタイプ思考のためのハードルを飛躍的に下げたシステムであり、現在各所で活用されている。本提案は3Dプリンタのアクチュエータを用いることで、形状のプロトタイピングだけでなく、動作のプロトタイピングにまでチャレンジしている点に新規性はある。動きのプロトタイピングとして素材そのものの伸縮を用いた、いわゆる4Dプリンタに関する研究も見られる。本提案は機器や動作の汎用性が挑戦的であるものの、より多様な動きをインタラクティブに設計しようとしている点に新規性が認められるため採択した。

更新履歴

2018年7月3日 2018年度採択プロジェクト概要(片倉PJ)を掲載しました。

未踏/セキュリティ・キャンプ