HOME未踏/セキュリティ・キャンプ未踏事業未踏IT人材発掘・育成事業:2018年度採択プロジェクト概要(玉津・大坪PJ)

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

未踏IT人材発掘・育成事業:2018年度採択プロジェクト概要(玉津・大坪PJ)

最終更新日:2018年7月3日

1.担当PM

五十嵐 悠紀(明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 専任准教授)

2.採択者氏名

玉津 宗太郎(株式会社サイバーエージェント アドテク本部)
大坪 新平(ウォンテッドリー株式会社 エンジニア)

3.採択金額

2,304,000円

4.テーマ名

機械学習分類器を用いたモバイルブラウザ及びページ管理システムの開発

5.関連Webサイト

なし

6.申請テーマ概要

 近年、モバイルブラウザの使われ方が変化している。これまでは、自分の分からない事柄を調べてそれを理解したらブラウザのタブを閉じて終了するという使われ方が多かった。しかし近年、記録を行うためにブラウザを使用するケースが増加している。ブラウザを立ち上げ映画や本、コンテンツ等の名前を検索し、そのタブを残して記録とする使われ方である。記録を残す方法は様々な媒体で存在するが、記録したものを検索することが多いため、始めからブラウザで検索しておき、そのタブを残しておくことが効率的である。また検索ワードに紐付いた文章や画像なども表示されるため、テキストだけをメモ帳に記録した場合よりも後から振り返りがしやすい。
 しかし、現在のモバイルブラウザはこのような使用ケースに対してデザインが最適化されていないため、膨大なタブの中から目的のタブを探すことが困難である。そこで本プロジェクトでは、「記録のためのブラウザ」としての最適なデザインを設計し、機械学習分類器を用いることで多くのページを開いても効率的にそれらを整理し、ユーザが目的のタブを効率的に見つけ出すことが可能になる、新しいモバイルブラウザを制作する。

7.採択理由

 メモ代わりにブラウザのタブを並べたり保存したりしている人は多いだろう。それを自動分類して、メモとして後に参照が容易にできる、いままでありそうでなかったシステムの提案である。提案者たちはプロトタイプシステムをすでにiOSアプリとして実装し、リリースしており、実装力や実現可能性も評価できる。未踏期間では単なる改良ではなく、本当に使いやすいものにするために、機械学習を本格的に導入することで質の違うレベルにしたいという提案者たちの意欲に期待している。

更新履歴

2018年7月3日 2018年度採択プロジェクト概要(玉津・大坪PJ)を掲載しました。

未踏/セキュリティ・キャンプ