HOME未踏/セキュリティ・キャンプ未踏事業未踏IT人材発掘・育成事業の新たなプログラム「未踏ターゲット」の実施について

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

未踏IT人材発掘・育成事業の新たなプログラム「未踏ターゲット」の実施について

最終更新日:2018年3月8日
IT人材育成本部
イノベーション人材センター
未踏人材グループ

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、2000年度から18年間にわたり、未踏IT人材発掘・育成事業(未踏事業)に取り組み、これまでに延べ約1,700名の修了生(未踏人材)を輩出してきました。未踏人材は、そのうち250 名以上の方が起業・事業化するなど、社会の様々な方面で活躍をしています。

 一方で、IT分野において新技術の研究開発が急速に進展する動向を受け、中長期的視点で革新的技術を活用しイノベーションを起こしうる、先進分野のIT人材の発掘・育成を強化することが求められています。このため、経済産業省およびIPAは、新たな技術分野に挑戦する人材を育成するため、研究開発が進む新たな技術プラットフォームを用いる分野、数学等の専門性を必要とする分野等のなかから事前にテーマを定め、そのテーマに取り組む人材を募集し、関連する企業・大学等と連携して育成、支援を行います。

 2018年度は「次世代計算機」をテーマに、特に国内各社が開発を進める「アニーリングマシン」を活用するソフトウェアの開発に取り組む人材を募集します。採択された人材に対して、株式会社日立製作所、富士通株式会社がそれぞれ開発するアニーリングマシンを採択者に向けて貸与し、採択者がそれを用いて自由にソフトウェア作成に取り組むことができるよう、支援を行います。

 本プログラムの公募開始は平成30年5月を予定しています。また、経済産業省、IPA及び一般社団法人未踏が連携して3月9日(金)に開催する「未踏会議2018」において、本プログラムのPM、支援企業によるパネルディスカッションを実施し、アニーリング分野の将来展望や今後の課題等について議論します。

■「未踏ターゲット」に関する経済産業省のプレスリリースはこちら別ウィンドウで開くからご確認ください。
■「未踏会議2018」に関する経済産業省のプレスリリースはこちら別ウィンドウで開くからご確認ください。
■「未踏会議2018」はニコニコ生放送でライブ配信されます。ライブでのご視聴はこちら別ウィンドウで開くからお願いします。

更新履歴

2018年3月8日 未踏IT人材発掘・育成事業の新たなプログラム「未踏ターゲット」の実施について掲載しました。

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

未踏/セキュリティ・キャンプ