HOMEIT人材育成先進的IoTプロジェクト支援事業

本文を印刷する

IT人材育成

先進的IoTプロジェクト支援事業

 「先進的IoTプロジェクト支援事業」ではIoT・ビッグデータ・人工知能(AI)等に関するイノベーションを創出する事業テーマ募集し、優れたIoTプロジェクトに対して資金支援とメンターによる伴走支援を行っています。

我が国のIoT活用に向けた取り組み

 IoT/ビックデータ/人工知能(AI)等の発展により、従来の産業・社会構造が大きく変革する可能性があります。我が国においても、新たなIoTビジネスモデルの創出やIoTプラットフォーマーの発掘・育成を図り、新たな成長の原動力としていくことが必要との認識のもと、経済産業省や総務省の協力を受けて2015年10月23日「IoT推進コンソーシアム 」が設立されました。
 「IoT推進コンソーシアム」のワーキンググループである「先進的モデル事業推進ワーキンググループ(IoT推進ラボ )」では政府関係機関、金融機関やベンチャーキャピタル等と連携し優れたIoTプロジェクトに支援を行っています。IPAも支援機関として参画し「先進的IoTプロジェクト支援事業」を通じた支援活動を行っています。

新たなIoTビジネスモデルの創出

 「先進的IoTプロジェクト支援事業」では、ソフトウェア開発や利活用に関わる技術、独創的なアイデアを駆使し、IoT・ビッグデータ・人工知能(AI)等に関するイノベーションを創出することのできる事業テーマを支援対象としています。公募で採択された支援先事業者は構想したテーマを実現するプロジェクトを実施します。IPAは資金支援に加えプロジェクトテーマの専門家であるメンターをアサインし指導・アドバイスを通じた支援を行います。

先進的IoTプロジェクト支援事業イメージ

成果報告書

第1回公募  事業期間:2016年5月~2017年1月

会社名(事業名) 事業概要 ダウンロード
アルカディア・システムズ株式会社
(センシング運動促進事業)
心疾患患者や高齢者が無理なく運動を継続できる「センシング運動促進システム」を開発。継続性と運動強度向上について実証検証を実施。高齢者施設や医療機関向けサービスとしてビジネスモデルを策定し販路開拓を行う。 成果報告書(4.32MB)
成果報告書添付資料(3.24MB)
成果概要(1.55MB)
株式会社ルートレック・ネットワークス
(M2Mとクラウド技術による全天候型栽培アルゴリズムの研究開発)
ハウス向けに開発された、点滴栽培システム「ゼロアグリ」をベースに、制御の難しい露地栽培にも適用可能な「全天候型アルゴリズム」を開発。国内3ヶ所の試験圃場に設置し効果を実証。ビジネスモデル検証の一環として個人農家や企業などへの販路開拓を行う。 成果報告書(3.73MB)
成果概要(2.11MB)