HOME社会基盤センター地域における取組みの支援地方版IoT推進ラボについて

本文を印刷する

社会基盤センター

地方版IoT推進ラボについて

 IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)等の発展により、社会、生活、産業は急速に変わり、データを活用した新たなサービス等が次々に生まれる可能性がございます。こうした中、産官学連携により「IoT推進ラボ(座長:冨山和彦 (株)経営共創基盤代表取締役CEO)」が設立され、個別のIoTプロジェクトを発掘・選定し、企業連携・資金・規制の面から徹底的に支援するとともに、大規模社会実装に向けた規制改革・制度形成等の環境整備を行ってきました。
 こうした取り組みを地方にも広げ、地域におけるIoTプロジェクト創出のための取り組みを支援するべく、経済産業省、独立行政法人情報処理推進機構の連名で「地方版IoT推進ラボ」の選定を行い、希望に応じて以下の支援を行います。

  1. 「地方版IoT推進ラボ」マークの使用権付与
  2. メルマガ、ラボイベント等によるIoT推進ラボ会員への広報
  3. 地域のプロジェクト・企業等の実現・発展に資するメンターの派遣