HOMEIT人材育成スキル標準への取り組みITSS+(プラス)・ITスキル標準(ITSS)・情報システムユーザースキル標準(UISS)IEEE-Computer Society(CS)とIPAが相互協力協定を締結

本文を印刷する

IT人材育成

IEEE-Computer Society(CS)とIPAが相互協力協定を締結

IPAは、IEEE-Computer Society(CS)と2016年6月10日に相互協力協定を締結しました。この協定により、今後、IPAとIEEE-CSとの各種のコラボレーションが実現します。直近におきましては、IEEE-CSが現在開発中のEITBOK(Enterprise IT Body of Knowledge, http://eitbokwiki.org/Main_Page)においてiCD(i コンピテンシ ディクショナリ)がSFIA(Skills Framework for the Information Age)、eCF(European e-Competence Framework)と並んで著名なグローバルスタンダードの1つとして参照されています。
今後、IPAとIEEE-CSのコラボレーションがより一層推進されることが期待されます。


米国アトランタでの締結式:IPA富田理事長(左)、IEEE-CS の2016年プレジデントRoger Fujii氏(中央)および2017年プレジデントJean-Luc Gaudiot氏(右)
米国アトランタでの締結式:IPA富田理事長(左)、IEEE-CS の2016年プレジデントRoger Fujii氏(中央)および2017年プレジデントJean-Luc Gaudiot氏(右)