HOMEIT人材育成スキル標準への取り組みi コンピテンシ ディクショナリ概要

本文を印刷する

IT人材育成

i コンピテンシ ディクショナリ概要

i コンピテンシ ディクショナリとは

i コンピテンシ ディクショナリ概要

国際的な競争が高まる中、近年では情報セキュリティ・IoT・データサイエンスなどの新たなニーズが台頭し、企業を取り巻くビジネス環境は刻一刻と変化しています。そのためIPAでは、これらの環境変化に対応したIT人材を育成可能とするため、人材育成の枠組みを整備し活用促進を図ることで、産業界における人材育成を支援してきました。

IPAが提供する「i コンピテンシ ディクショナリ」(以下、iCD)は、企業においてITを利活用するビジネスに求められる業務(タスク)と、それを支えるIT人材の能力や素養(スキル)を「タスクディクショナリ」、「スキルディクショナリ」として体系化(*1)したもので、企業は経営戦略などの目的に応じた人材育成に利用することができます。

IPAは、2014年7月31日にiCDの試用版を公開し、パブリックコメントや産業界における実証実験などを踏まえ、2015年6月に正式版を公開しました。

i コンピテンシ ディクショナリ 関連資料のダウンロードと関係情報

また、iCD利用者の利便性向上を目的に、iCDをウェブ上で利用できる「i コンピテンシ ディクショナリ活用システム」の提供を開始しています。

これによりiCD利用者は、タスクディクショナリの中から「選択」する方法で、企業の戦略や業務に応じた自社用のタスクセットを容易に作成することができるようになります。また、企業のIT技術者がタスク実行能力を自己診断し、その結果を自動集計できるため、企業は業務の実行状況の確認や、育成状況の把握などができるようになります。

本システムの活用を通じて、人材育成戦略の立案(Plan)、育成施策の実行(Do)、自組織のリソース状況の把握(Check)、目標の再設定(Act)といった組織における人材育成のPDCAサイクルを回す活動の一助となることが期待されます。

i コンピテンシ ディクショナリ概要図

iCD活用システムの詳細や利用方法については、以下のリンクをご覧ください。

i コンピテンシ ディクショナリ活用システム

このほか海外における利活用も視野に、iCDを英訳し、提供を開始しています。これによりiCDを活用している国内企業が海外展開する場合など、海外においてもiCDを共通指標として利用することができます。

さらにiCDのオフィシャルサイトを公開し、iCDに関する情報を集約しました。

iCDオフィシャルサイト 

iCDではタスク等に連係した研修・書籍・資格の情報を「iCD活用システム」および「iCDオフィシャルサイト」で公開しています。iCD活用企業は、この情報を使って、タスク診断~タスク実行能力向上までをiCDで実現することができます。

IPAは、iCDを通じて、企業をはじめ産業界全体においてiCDの活用がますます進み、IT人材に求められる能力や知識が社会全体で共有化されることを期待しています。また、IT技術者やIT企業を目指す学生などの個人を含め、教育産業や教育機関などへも活用が広がり、ITを利活用する様々な組織・個人が共通して参照する「人材育成のプラットフォーム」として発展していくことを期待しており、今後もiCDの強化・拡充を図っていく予定です。

(*1)タスクとスキルを、それぞれ辞書のように参照できる形で構成立ててまとめたもの。iCD2017(2017年6月20日公開)では「タスクディクショナリ」は、タスク3階層と評価項目(約4,400項目)の計4階層で構成。「スキルディクショナリ」はスキル3階層と知識項目(約10,200項目)の計4階層で構成。