HOME >> >> 未踏ソフトウェア創造事業 >> 2007年度第T期 未踏本体 公募概要

未踏ソフトウェア創造事業 2007年度第T期 未踏本体 公募概要

 

お知らせ

以下の2007年度の公募は終了しております。

更新履歴

3月3日 2007年度第I期の公募受付けを終了。
1月26日 2007年度第I期の公募受付けを開始。

公募の概要

 本事業は、法人を対象に行っているソフトウェア開発支援制度とは異なり、個人又は数名のグループを対象として、独創的なソフトウェア技術や事業アイディアを公募しその開発を支援する制度です。
公募の概要は以下のようになっておりますが、応募要件や応募方法等の詳細については、「公募要領」と「公募対象プロジェクト(別紙1〜11)」とをダウンロードしてご確認下さい。

提案者の資格

 提案者は、次世代のIT市場の創出に貢献するような技術又はビジネスシーズの実現に向けたソフトウェアの開発を行う方を対象とし、以下の条件を満たすことが必要です。
下記以外の条件については、公募要領をダウンロードしてご覧下さい。

  • 個人又は複数の個人からなるグループであること。
    ※企業等に所属されている方も応募可能ですが、企業等からの組織としての提案は受け付けません。
    ※また、これまでの未踏ソフトウェア創造事業で
    「既に2回以上採択された方」や「天才プログラマー/スーパークリエータと認定された方」
    については、応募を不可としています(未踏ユースでの実績は除く)。
  • 日本国籍を有する人。または、日本在住の外国人。

公募の対象

 公募の対象は、下記のプロジェクト・ マネージャーがそれぞれ提示する公募対象プロジェクト(別紙1〜11)とし、提案者は申請するプロジェクト・マネージャーを一人決めて応募することとします。

<プロジェ クト・マネー ジャー(PM) 敬称略>

名前をクリックすると、各PMの公募対 象分野が見られます。

1.DavidJ. Farber DistinguishedCareer Professor ofComputer Science and Public Policy Carnegie Mellon University
2.ウィリアム 齋藤 株式会社フォーバル 取締役副社長
3.大川 恵子
株式会社スクールオンインターネット研究所 代表取締役所長
4.河野 恭之 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教授
5.美馬 義亮 公立はこだて未来大学 情報アーキテクチャ学科 助教授
6.石川 裕 東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授
7.竹田 正幸 九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授
8.田中 二郎 筑波大学 大学院システム情報工学研究科 教授
9.畑 慎也 サイボウズ・ラボ株式会社 代表取締役社長
10.古川 享 慶應義塾大学 デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構(DMC特別研究教授)
11.松原 健二 株式会社コーエー 執行役員 ソフトウェア事業部 ソフトウェア4部長

提案書受付期間

  • 開発者
    2007 年1月26日(金)〜2007年 3月2日(金) 17:00迄
  • 未踏プロジェクト管理組織
    2007年 1月26日(金)〜2007年 2月23日(金) 17:00迄

 ※第I期受付分として、上記時刻までに電子申請にて全ての書類を受理した提案 について審査します。

公募要領及び記入要領

公募要領

● 全てのPM共通
●未踏プロジェクト管理組織

提案書類の定型フォーマット

●日本人PM用
●David J. Farber PM用
●未踏プロジェクト管理組織公募様式

応募に関する問い合わせ先

本公募に関する問い合わせは、先ず、本 公募のFAQをご確認ください。

その他のご質問につきましては、以下の連絡先へ電子メールにてお問合せください。

独立行政法人 情報処理推進機構
ソフトウェア開発・金融推進部 未踏ソフトウェア創造事業事務局

E-Mail: