IPA


公募結果一覧へ

 



2007年度第T期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要

 


1.担当PM

  竹田 正幸 PM (九州大学大学院 システム情報科学研究院 教授)


2.採択者氏名

開発代表者

久保 裕也 (千葉商科大学 政策情報学部 専任講師 )

共同開発者

なし


3.プロジェクト管理組織


  有限会社アカデミア


4.採択金額


  8,750,000


5.テーマ名


  Shared Questionnaire System 2.0の開発


6.関連Webサイト


  http://sqs-xml.sourceforge.jp/


7.申請テーマ概要

本提案は,「社会への問題意識」「オープンソース」「Java/XML系技術」の3つを柱とすることで,知識共有型社会に対応した新しい考え方のもとでのアンケートを実施できるようにするシステム,SQS(Shared Questionnaire System)を開発するものである.

SQS
として,エンドユーザ向けアプリケーションと,その基盤となるフレームワークの,2層の構成を持つシステムを,2種類開発する.具体的には,普通紙マークシート方式での帳票エディタ/XMLエディタである SourceEditor/eXsedと,マークシート読み取りエンジン/分散並列的画像処理サービスであるMarkReader/eXigrid を,それぞれ開発する形となる.これらのアプリケーションについて,汎用性を持ったフレームワーク部分を抽出し対応づけながら開発を進めることで,拡張性を担保できるようにする.

SourceEditor
は,XHTML+XForms DOM構造を,XSLT FO に変換し,XML組版をすることで帳票を生成するアプリケーションである.内部での一連の処理の流れにW3C 技術を応用した,透明性の高い設計とする.

eXsed
は,アウトラインエディタ形式のGUIを持つ,汎用的なXMLエディタとして利用できるアプリケーションである. eXsed は,自己反映的アーキテクチャを備えており,様々な XMLアプリケーションのフレームワークになることができるものとする.SourceEditor は,eXsed の拡張として実装されるものとする.

MarkReader
は,SVG Print+XFroms をメタデータとして,帳票をスキャンした原稿画像ファイルを解析し,マーク欄や自由記述欄の読み取りと集計を行うアプリケーションである.モジュールの追加によって各種の多様な形式での結果の出力を行えるようにする.

eXigrid
は,マルチキャストを用いて動的に構成されるグリッド上で,分散並列された画像処理を行えるようにするためのフレームワークである.MarkReaderは,eXigrid の拡張として実装されるものとする.

SQS
は,JavaWebStart でインストール・起動ができるものとする.起動後には,Swing/Java によるリッチクライアントと,リッチクライアントに組込まれた Webサーバを介してのWebアプリケーションを,ユーザインターフェイスとして提供する.これにより,柔軟な運用を可能とするシステムを実現する.


8.採択理由

非常に社会的ニーズの高い提案です。これまでマンパワーの不足から事実上不可能であった紙ベースでのアンケート集計を可能とするものであり、社会にあたえるインパクトは極めて大きいと思われます。申請者は、どろどろした現場の問題に、あくまで情報科学的に割り切って解決を図っており、技術的な新しさが少ない点を差し引いても、地に足のついた現実的なアプローチである点が高く評価できます。特筆すべきは、既にユーザをもった「使われている」ソフトウェアである点です。したがって、この開発をサポートすることは、未踏ソフトウェアの「人材発掘」という観点から意義があることと判断し、採択といたしました。




  ページトップへ   

 

 


  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004