IPA


公募結果一覧へ

 



2007年度第T期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要

 


1.担当PM

  竹田 正幸 PM (九州大学大学院 システム情報科学研究院 教授)


2.採択者氏名

開発代表者

中村 直人 (九州大学大学院 システム情報科学府情報理学専攻博士1年)

共同開発者

岡嶋 成司 (九州大学大学院 システム情報科学府情報理学専攻修士1年)


3.プロジェクト管理組織


 有限会社アカデミア


4.採択金額


  7,500,000


5.テーマ名


  対話型3次元Webコンテンツの制作・実行環境の開発


6.関連Webサイト


  なし


7.申請テーマ概要

・現在において,Web上では様々なマルチメディアコンテンツが重要視されており,それらを活用したサービスも多く存在する。ここで,まだWebコンテンツとして活用されていないメディアデータとしては3次元モデルが挙げられる。本申請プロジェクトでは,それらの3次元形状モデルを含む対話型3次元Webコンテンツの制作・実行環境の開発を行う。対話型3次元Webコンテンツとは,Webブラウザ上で表示される3次元シーンコンテンツであり,そのシーン内の各オブジェクトに対してなんらかの対話的操作ができるというものである。本申請プロジェクトで定義する3次元Webコンテンツは,HTMLファイルにいくつかのタグを追加するだけで表示できるものとなっている。

本申請プロジェクトで具体的に行うことは,これらの3次元Webコンテンツの規格の定義,コンテンツ制作システムの開発,そしてコンテンツの表示システムの開発の3つである。

3次元Webコンテンツでは,3次元アニメーションと対話的操作を実現する。開発システムにおいては,3次元アニメーションを容易に制作するインターフェイスを実装する。また,同時に対話的操作を定義するためのプログラマブルな環境を提供する。こちらが提供する機能としてはエンターテインメント性を高めるために必要な機能を実装する。

本申請プロジェクトにおける開発が成功した際には,その成果物は3次元アニメーション等の普及に寄与するものであり,基礎技術を持つ申請者らはこのビジネス分野における先駆けになることができると考える。


8.採択理由

本提案は、Webブラウザ上で表示できる3次元シーンコンテンツの制作・実行環境の開発を目指すもので、そのシーン内の各オブジェクトに対して対話的操作ができるという点が非常にユニークなものになっています。現在のところ、3次元アニメーションの制作は非常に敷居の高いものですが、この提案が実現されることにより、より多くの人々が3次元アニメーション作成を楽しむことが可能となると期待できます。また、開発を支える基盤技術が非常にしっかりしており、透明度の高いシステム構成となっています。開発計画も具体的かつ明瞭です。以上のことから、この開発は着実に進行するものと判断できますので、採択といたしました。




  ページトップへ   

 

 


  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004