IPA


公募結果一覧へ

 



2007年度第T期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要

 


1.担当PM

  美馬 義亮 PM (公立はこだて未来大学 システム情報科学部 准教授)


2.採択者氏名

開発代表者

小林  茂 (岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー 准教授 )

共同開発者

遠藤 孝則 (情報科学芸術大学院大学 助教 )

増田 一太郎 (株式会社メタファー 取締役 )


3.プロジェクト管理組織


 株式会社 創夢


4.採択金額


  6,250,000


5.テーマ名


 プロトタイピングのためのツールキット「Funnel」の開発


6.関連Webサイト


  なし


7.申請テーマ概要

近年、広い意味でのデザイン思考の重要性が指摘されてきている。プロダクトや作品を作り上げていく上で、プロトタイピングの段階は非常に重要である。中でも、実際に動作するプロトタイプを作成する段階は重要だが、ソフトウェア単体の開発の場合と比較すると十分なツールキットが存在するとはいえない。また、デザイナーやアーティストとエンジニアが共通に利用し、共通言語とできるようなプラットホームがなく、効果的なコラボレーションを実現していく上での障害になっている。

本プロジェクトで提案する「Funnel」は、既存の優れたプログラミング環境に追加するツールキットである。このツールキットを用いることにより、ユーザは柔軟に発想し、実際に動くプロトタイプを作るというプロセスを短時間で繰り返しながらコンセプトを練り上げていくことができる。また、このツールキットは、デザイナーやアーティストとエンジニアの共通言語となりうる可能性を十分に持つものである。


8.採択理由

フィジカルコンピューティングと呼ばれる、センサ、マイクロプロセッサ、アクチュエータなどを利用したプログラミングをより身近にすることが目的である。ここでは複数のハードウエアに共通なソフトウェアプラットフォームになるシステムの設計を行うこと。さらに、擬似コードをもちいた拡張性の追及というテーマをも合わせ持っている。とくに後者に対しては、最初の予定には拘泥しないでさまざまな可能性を追求しつつ、拡張性と利便性を実現してほしいと考える。可能性の高い一つのゴールが提示され、さらにその向こうに発展的な要素を感じるため採択とした。




  ページトップへ   

 

 


  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004