IPA


公募結果一覧へ

 



2007年度第T期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要

 


1.担当PM

  ウィリアム齋藤 PM (株式会社ジュリアー二・セキュリティ&セーフティ・アジア 代表取締役会長兼CEO)


2.採択者氏名

開発代表者

斉藤  匡人 (慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 )

共同開発者

森 雅智 (慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 )

金澤 貴俊 (慶應義塾大学総合政策学部 )


3.プロジェクト管理組織


  日本エンジェルズ・インベストメント株式会社


4.採択金額


  8,500,000


5.テーマ名


 ユビキタスネットワークブラウザの開発と展開


6.関連Webサイト


  http://jp.3d-tcpdump.org/


7.申請テーマ概要

PCの一般家庭への普及と爆発的な増加によって、ウィルスやワーム、ボットなどのコンピュータセキュリティ問題が注目され、多くのウィルス対策ソフトウェアやOS自体でのパーソナルファイアオールの導入などの改善がなされてきている。しかし、セキュリティ問題自体も高度化や複雑化しているため、技術一辺倒の対策改善だけでなく、PCを使用するユーザの意識やITリテラシの向上も必要である。特に、ネットワーク通信や情報はユーザからは完全に見えない形でOS内で行われているため、理系大学の大学生においても実際のコンピュータネットワーク像がどのようなものであるかを知る学生は少ない。また、Webサービスの発展やWeb2.0と呼ばれるマッシュアップサービスなどによるアプリケーションの高度化によって、今まで以上にPCにおけるネットワーク通信が多様化・複雑化していること、Skype BitTorrentなどに代表されるP2Pアプリケーションの台頭によるネットワーク帯域を大きく使用するアプリケーションの登場、コンピュータの無線化・ユビキタス化やセンサ情報の氾濫など、今後ますますネットワーク情報は身の回りに溢れると考えられる。このような現在とこれからのネットワークセキュリティ状況を考慮して、ユーザのコンピュータネットワークに対する意識や姿勢の改善とより使いやすいコンピュータ通信の視覚化ソフトウェアであるユビキタスネットワークブラウザ(UNB)を開発する。

 ユーザが使用するエンドホスト(PC)を動作ターゲットとして、PC上で行われる全てのネットワーク通信とセキュリティ関連情報を三次元グラフィック使用して視覚化するソフトウェア、UNBを開発する。ソフトウェア技術的には、2004年度T期の未踏提案ソフトウェアである 3D-tcpdump ソフトウェアをベースとし、今回は主に VPN https などの暗号化通信の解析と視覚化、トラフィック視覚化ソフトウェアとしての拡張性などを中心に UNB の拡張を行う。そのため、段階的なソフトウェア実験評価が可能であり、それらのフィードバックをえながらのUNBソフトウェアの使い勝手の抜本的な改良と開発を進めていく。


8.採択理由

 本提案は、コンピュータセキュティ問題の技術上の改善ではなく、それを使用するユーザの意識やITリテラシーの向上に着目したことに特徴がある。ユーザには見えないネットワーク通信の中身を誰にでもわかりやすく視覚化すれば、多くのユーザにとって便利なツールになることが期待できる。本提案を実現する基本技術は2004年度第1回の未踏提案ソフトウェアである3D-tcpdumpによるベースがあるため、実現性が高いものと考えられる。OS上のネットワーク通信情報を視覚化する一部として、ベンダー横断的なウィルス対策ソフトのための視覚化ツールや、ISPネットワーク管理の補助ツール、ゲームコンソールやTVなどインターネット接続される機器類の利用時に発生するネットワークトラブルを解決するための視覚化ツールなど幅広い応用が考えられ、ニーズが高いと思われる。




  ページトップへ   

 

 

 


  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004