IPA


公募結果一覧へ





2006年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   千葉 滋 (東京工業大学大学院 情報理工 学研究科 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

川島 英之 (慶應義塾大学 理工学部 情報工学科 助手)

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


   未定



4.採択金額


  6,000,000 円



5.テーマ名


 センサデータ集約システムに応える高 性能DBMSの開発



6.関連Webサイト


 なし



7.申請テーマ概要

 本プロジェクトではセンサネッ トワークから生じる膨大なデータの管理に耐えうるDBMSを開発する。提案機構の特徴は、高速データアップロード、類似 シーケンス検索、そしてコンティニュアルクエリである。これは平成14年度未踏ユースの結果を引き継ぐものだが、大幅な機能増強および性能改善がすでに施 されており、その結果は論文としてまとめられている。残る部分は安定化および使い心地の向上にあり、本プロジェクトを通してその実現をおこなう。



8.採択理由


 センサーから得られる大量のデータを 保存、検索するための専用の高速データベースを開発しようという提案である。提案者は大量のセンサーデータを扱う情報システムの研究室に属しており、その ようなデータベースに必要とされる機能を熟知している。その知見にもとづいて、これまでプロトタイプを開発してきが、本事業の支援によって完成度を高める ことにより、当該分野の研究開発で標準的なデータベースの地位を獲得する可能性を秘めている。よって採録にふさわしいと判断した。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004