IPA


公募結果一覧へ





2006年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   千葉 滋  (東京工業大学大学院 情報理工学研究科 助教授)



2.採択者氏名


開発代表者

伊尾木 将之 (日本アイ・ビー・エム株式会社 インダストリーソリューションズ)

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


 日本エンジェルズ・イ ンベストメント株式会社



4.採択金額


  4,500,000 円



5.テーマ名


 テストケースから擬似クラスを自動生 成する「KikainekoMocker」の開発



6.関連Webサイト


 http://kikainekomocker.hp.infoseek.co.jp/



7.申請テーマ概要

 近年、開発の容易性などを高め る技術として擬似クラスを活用する手法が注目されています。擬似クラスとは、モックやスタブ、ドライバなどの名前で知られ る「実装は正しくないが、見かけ上は正しいクラス」のことで、主に開発・テストを容易にするために用いられる手法です。
ですが擬似クラスはその有用を認識されながらも、擬似クラスを作成するという作業が概して高コストな作業となってしまいやすく、現場では積極的に活用され るにはいたっていません。
この問題を解決するために、SCT(Simulated-Class by Tests)というテストコードから擬似クラスを自動生成する手法を提唱しています。そしてまた、SCTを実現するツールとして 「KikainekoMocker」を開発しており、現在オープンソースとして公開しています。
本プロジェクトでは、このKikainekoMockerの機能拡張・およびWebサイトやドキュメントの充実を図ることを目的とします。
KikainekoMockerを用いると、テストを書くだけで、擬似とは言え実際に動作する実装が手に入れることができます。この点を上手く用いること によって、新たな利点を享受でき、迅速且つ堅牢な開発を促進できるようになります。また、この手法はTDD(Test-Driven Development:テスト駆動開発)と親和性が高いことも知られています。
KikainekoMokerの機能充実と普及によって、世界の開発者が賢く楽をすることを目標とします。



8.採択理由


 疑似クラス (Mock) は、テスト等の局面で、今やソフトウェア開発にかかせないものになっている。これを自動生成するために提案者が開発した Kikaineko Mocker の完成度は現状でも十分高く、本事業の支援によってさらに完成度を上げ、ドキュメントを充実させれば、ソフトウェア開発の現場に広く普及する可能性があ る。よって採択が適切と判定した。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004