IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   長尾 確 (名古屋大学 情報メディア教育センター 教授)



2.採択者氏名


開発代表者

 吉江 弘一  (NPO法人エフテキスト 理事長)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


  株式会社 リオ



4.採択金額


  4,000,000



5.テーマ名


  よせがき教科書出版のためのHowToコミュニティサイト「yosemite」の開発



6.関連Webサイト


  http://www.ftext.org/



7.申請テーマ概要

 私達は,オープンソースモデルの文章執筆システムを提案する.

 Linuxの開発の端を発したオープンソース運動は,いまやソフトウェアに限らず,文章・音楽・画像の共有化を図るオープンコンテント運動へと拡大しつつある.最近では,Wikipediaの活動が有名で,総合リファレンスサイトへと躍進している.しかし,私達はこのような現状に全く満足していない.Wikipediaは百科事典という18世紀の近代合理主義的なコンテンツを,ネット時代の方法で書いているに過ぎず,新しい知の文法を生み出しているわけではない.
 そこで,私達は「よせがき執筆」という文章作成作法を提案する.よせがき執筆は,1人あたりのテキスト生産コストを低く保ったまま,全体としての「物語性」を紡ぎだす仕組である.私達はこの方法を使い,HowToをたくさんの人が寄せて書くことによって,身体知を軸とした新しい学びの文法をつくってゆこうと考えた.しかも,このHowToは一意で体系的であるわけはなく,人やコンテクストによって異なってよいのである.



8.採択理由

 Wikipediaのように、オンラインで不特定多数の人間が協同執筆できる事典が現れたこともあり、コミュニティによる協同コンテンツ制作という考えは一般的なものになりつつある。ただし、事典のようなそれぞれの項目がある程度独立しているものならともかく、教科書のような比較的長い内容を一貫性を持って不特定多数の人間が執筆するのは困難である。それに対して、「○○をやるにはどうしたらいいか」というHowToの形式にして、学習者の疑問に答える形でコンテンツを充実させていく手法は有効だと思われる。また、複数のHowToが包含関係や依存関係を持って連結するというのも、オンラインならではの正しい構成であろう。ただし、ソフトウェア開発に関しては、特に大きな新規性はなく、既存の仕組みの組み合わせで、ある程度実現できると思われる。特に、コンテンツ制作を容易にする仕組みの構築に力点を置き、コンテンツ配信や紙媒体との連携に関しては、今回の提案からは除くことにする。それによって、リソースをコンテンツ制作に集約し、特に、オンライン教科書の新しい構成法の実証に集中することを条件に採択とする。「新しい歴史教科書」運動などの、いわゆる教科書認定問題に対して、「教科書は国が決めるものではなく、学習者が適切なものを選べるようにするべきだ」というスローガンを提示するきっかけになってくれるとよいと思う。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004