IPA


公募結果一覧へ





2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   長尾 確 (名古屋大学 情報メディア教育センター 教授)



2.採択者氏名


開発代表者

 小池 由理 (慶応義塾大学 政策・メディア研究科 修士1年)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


  株式会社 リオ



4.採択金額


  3,000,000



5.テーマ名


  コンテンツ流通システムPICSENSEの開発



6.関連Webサイト


  なし



7.申請テーマ概要

 アートと日常を近づけることにとってインターネットの普及は、誰もが発信者となれる環境を提供し、大きく貢献すると考えられた。しかし実際は、埋もれてしまっている作品は未だ多く存在すると考えられる。原因としては現状、文字情報以外の検索はコストが高いこと、アートには早急なニーズはない事から、検索への駆動力に乏しい事などが挙げられる。"picsense"はこれらのアートに自然な形で触れる機会を提供し、現在ネット上にあふれるコンテンツの流通を促すためのシステムである。検索コストを下げ、自然な形での視聴を実現する事で、コンテンツに触れる機会を増やし、一般的な検索では得られないコンテンツとの出会いを創出する。またクリエイタと閲覧者間のコミュニケーションを促進することで、フィードバックがおこり相互に発信し合うよりよい文化の形成を目指す。



8.採択理由

 絵やイラストのようなアートコンテンツの流通の仕組みとして、ブログ等のWebサイトの主旨や雰囲気とマッチした絵をプッシュ的に提供し、そのサイトの閲覧者がアーティストの作品を購入できるように誘導するという提案である。たいへん意欲的な試みだと思う。ただし、Webユーザーからデジタルコンテンツへの対価を引き出すにはさらなる工夫が必要であろう。Googleが現在のように受け入れられた理由の一つは、ユーザーからは一銭も料金を取らなかったことにあるという話もある。つまり、音楽コンテンツで一応の成功が見られていると思われるダウンロード購入の仕組みでさえ、ファイル交換ソフトによってかなりのダメージを受けていると思われるのに、本提案がこのままの形で成功する見込みはあまり高くないと思われる。しかし、期待できる部分も多いので、計画の見直しを検討していただくことを条件に採択とする。



  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004