IPA


公募結果一覧へ





2005年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   高田 浩和 (株式会社ルネサステクノロジ システムコア技術統括部 CPU開発第二部)



2.採択者氏名


開発代表者

濱田 剛  (独立行政法人 理化学研究所 戎崎計算宇宙物理研究室 技術員)

共同開発者

中里 直人 (独立行政法人 理化学研究所 戎崎計算宇宙物理研究室 研究員)


3.プロジェクト管理組織


  有限会社 高速計算機研究所



4.採択金額


  14,300,000



5.テーマ名


  リコンフィギャラブルスーパーコンピューティング環境



6.関連Webサイト


  なし



7.申請テーマ概要

  本提案は前年度採択案件「ハードウェア自身を再構成する数値計算アクセラレータ用コンパイラの開発」の発展である. 昨年度はFPGAを物理シミュレーションに利用するための中核となる重要なツールPGR(Processor Generator for Reconfigurable Systems)を開発することに成功した. 今年度は昨年度の成果を更に発展させ,以下の4項目を実現する.

 (1) より多くの市販FPGAハードウェアへのPGRの対応
 (2) 低コストPGRリファレンスハードウェアの開発
 (3) 異機種FPGAハードウェア混在システムへのPGRの対応
 (4) FPGAによるテラフロップス級システムの実現




8.採択理由

  申請者のグループは、昨年度の未踏ソフト・プロジェクトにおいて、FPGAを用いたリコンフィギュラブル・ハードウェアのためのFPGAシステム用コンパイラをすでに完成させており、FPGAボードを用いた数値シミュレーションで100GFlopsを超える性能を実現するなど、画期的な成果を出している。
  申請者らの提案するFPGAを用いたリコンフィギュラブルシステムは、専用ハードウェアやスーパーコンピュータでしか実現できなかった数値演算性能を、卓上のPCとFPGAボードで実現することを可能にしており、今後さらにクラスタシステムへと発展させることで、数値計算の分野で革命を起こすほどのインパクトをもつ可能性がある。昨年度に引き続き、2回目の応募であるが、今回は昨年度のプロジェクトをさらに発展させ、実用化・事業化に近づけることが大きな目標の一つとなっており、これが普及した場合のインパクトの大きさを考え採択することとした。 


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004