IPA


公募結果一覧へ





2005年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   高田 浩和 (株式会社ルネサステクノロジ システムコア技術統括部 CPU開発第二部)



2.採択者氏名


開発代表者

吉田 悠一 (京都大学 工学部 情報学科 学生)

共同開発者

太田 一樹 (東京大学 理科1類 学生)


3.プロジェクト管理組織


  株式会社グッデイ



4.採択金額


  6,000,000



5.テーマ名


  組み込み環境向け日本語入力環境の開発



6.関連Webサイト


  http://anthy.sourceforge.jp/ 、 http://uim.freedesktop.org/wiki/



7.申請テーマ概要

  昨今では携帯電話・PDA・家庭用ゲーム機・家電等にも高性能なCPUが搭載されるようになって来た。これらを総称して「組み込みシステム」と呼び、現代社会においては非常に重要な位置を占めつつある。
  こうした流れの中、組み込みシステム上で日本語を入力する機会はますます増えていくことが予想されるが、日本語入力環境はまだまだ満足できるレベルに達しているとは言いがたい。また選択肢という側面から見ても、組み込みシステム向けの日本語入力環境でオープンソースなものがないという問題がある。
  そこで我々は一般的な使用に耐えるのはもちろんの事、ニッチな要求にも答えられるオープンソースな入力フレームワークを組み込み環境向けに構築する事を提案する。
  開発内容としては実用性を重視し、PC UNIX環境上で既に動いている入力用ソフトウェアanthy(かな漢字変換エンジン), uim(入力フレームワーク)を組み込みシステム向けに改良する。uimは2004年、anthyは2001年に未踏ソフトウェア創造事業に採択されたプロジェクトであり、開発実績が有る。デスクトップ環境においては無視できていたような組み込みシステム特有の制限ををクリアし、組み込みシステム上で高効率入力環境を実現する事が本案件の主要な目的である。また併せて、デスクトップ環境向けの既存のソフトウェアを組み込み環境へと対応させる為のノウハウを情報公開する事により、既存のソフトウェアを組み込み環境に移植する際の敷居を低くしていきたい。



8.採択理由

  組み込みシステム向けに、オープンソースの日本語入力システムを構築しようという、ある意味野心的な提案であることから採択した。計画では、PCで実績のあるAnthyとuimをベースに開発を進めることになっており、完成すれば実用性・有用性の高いシステムとなることが期待できる。しかし、メモリ容量などの制約のもと、組み込みシステム向けの改良は必須となると予想され、効率よく入力できる実用的なシステムを構築するのはそれほど容易なことではないと思われる。そのためには、例えば、Schemeインタプリタについても内部の実装にまで踏み込んで組み込み向けの最適化を行う必要が出てくる可能性もある。日本語入力システムの内部を知り尽くしたデベロッパーだからこそ成し得る成果を期待したい。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004