IPA


公募結果一覧へ





2005年度上期 未踏ソフトウェア創造事業  採択案件概要


 



1.担当PM

   中島 秀之 (公立はこだて未来大学 学長)



2.採択者氏名


開発代表者

島 広樹 (大阪大学 フロンティア研究機構 特任助手)

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


  財団法人 統計研究会



4.採択金額


  19,550,000



5.テーマ名


  政策コミュニケーション・プラットフォーム(Ver.1.1)の構築と実装



6.関連Webサイト


  なし



7.申請テーマ概要

  本提案は、政策に関する多様なコミュニケーションを支援するITを応用した包括的な社会基盤(プラットフォーム)である、「政策コミュニケーション・プラットフォーム(Ver.1.1)」(以下、「政策CP(Ver.1.1)」)の構築を提案するものである。プラットフォームでは、政策形成のために多くの人の知恵を引き出し、どのような政策を求めるかについて市民の一人ひとりが考えていくことのできるための具体的なツールを提供する。
  政策CP(Ver.1.1)は、主に次のサブシステムにより構成される。@モデル化された政策空間、A政策形成のためのネットワーク・システム、B政治家の政策ポジショニング・システム、C市民の政策ポジショニング・システム、D政策マッチング・システム、E政策パッケージの構成システム、F政策関連情報のモジュール化システム、及びこれらのリソースを用いた各種アプリケーション。
  政策CPのユーザとしては、政策に関与すべき様々なアクターが想定される。大きく分類すると、市民、専門家、政治家、NPO/NGO、企業等である。政策プロセスにおけるそれぞれのアクターの役割を再定義し、それぞれに対し、その役割、能力、インセンティブ等に応じた政治参加のための具体的なツールを提供する。例えば、市民にとっては、市民が自分たちの問題意識や支持する政策を整理し、これに基づいてどの政治家を支持するのが合理的であるかを検討することのできるツールを提供する。
  政策CPは、単なる情報システムとして構築されるものではなく、新たな社会システムを構築するものであり、情報システムはあくまで社会システムを支えるものとして位置づけられる。民主主義の新しいモデルを提示し、政策プロセスを再構築するとともに、社会と産業の発展に寄与したい。




8.採択理由

  政治家の政策論争をより透明かつ論理的にする仕組みの提案である.情報処理の社会応用という意味では大変有意義なプロジェクトだと考える.ソフトウェア開発よりも全体システムの開発とチューニングに比重があるため,ソフトウェアのプロジェクトという意味では若干中心からはずれるものであるが,全体プランの未踏性は十分以上にある.


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004