IPA






2004年度未踏ソフトウェア創造事業(未踏ユース)  採択概要


 



1.担当PM


  筧 捷彦



2.採択者氏名


代表者

笹田 耕一(東京農工大学大学院 博士課程

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


  三菱マテリアル株式会社



4.採択金額


  2,825,000



5.テーマ名


  Rubyプログラムを高速に実行するための処理系の開発



6.テーマ概要(申請書より)

 

 日本発のオブジェクト指向スクリプト言語Rubyはその使いやすさから多くのユーザを擁し、世界的に広く利用されている。しかし、現在のRuby処理系の実装は単純な構文木をたどるインタプリタであるため、その実行速度は遅い。これを解決するためにいくつかのバイトコード実行型仮想マシンが提案・開発されているが、たとえばRubyのサブセットしか実行できない、実行速度が十分ではない、などの問題がある。
 本提案は、このような背景からRubyプログラムを正しく高速に実行する処理系を開発し、「Rubyって遅いよね」という悪評を打破することを目的とする。
 開発は、まず Rubyプログラムを十分に表現可能で、効率的に実行できる命令セットの設計を行い、これに基づいて実行に必要な各種処理系を実装する。
 本提案の具体的な開発項目を次に記す。
(a) Rubyプログラムを表現可能な命令セットの設計
(b) Rubyプログラムを (a) の命令セットへ変換するコンパイラの開発
(c) (a) の命令セットを効率的に実行する仮想機械の開発
(d) 実験的なJIT(Just In Time)コンパイラの開発(命令列→ネイティブコード変換)
(e) 実験的なAOT(Ahead Of Time)コンパイラの開発(命令列→C言語変換)
 開発した処理系はオープンソースソフトウェアとして公開する。この処理系が世界中で利用されることを本提案の目標とする。




7.採択理由(担当PMコメント)

 

 言語処理系に関してしごく真っ当な話。
 日本発のスクリプト言語 Ruby をとにかく高速化しようというもので,技術力はなかなか高いものを持っている。
 2〜3倍(実験値)なの?もっと上がらないの?Ruby の創始者ともコンタクトをとって,Ruby愛好者のIntn'l Conference で皆の度肝を抜かしてくれることを期待できそう。




  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004