IPA


開発成果一覧へ





2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択案件評価書


 



1.担当PM

 

 加藤 和彦 (筑波大学 電子・情報工学系 教授)



2.採択者氏名


 代表者

 鈴木 泰山 (株式会社ピコラボ 取締役 知識情報処理事業部長)

共同開発者

 八木 豊  (株式会社ピコラボ 知識情報処理事業部)



3.プロジェクト管理組織


 日本エンジェルズインベストメント株式会社



4.委託金支払額


 5,913,423円



5.テーマ名

 

 人間の記憶の拡張を目指した知識情報管理基盤の開発



6.関連Webサイト


 なし



7.テーマ概要


  本プロジェクトでは,いままで様々な形で開発されてきた知識情報処理技術を集約して提供するような,次世代の知識情報処理アプリケーションの基盤となるミドルウェアを開発し,人間の記憶そのものや記憶の探索,情報の取捨選択などの知識情報処理活動の一部を人間に代行して行うシステムの実現をめざす.




8.採択理由

 

 Webやメールを用いたインターネット上のアクティビティを分析して,ユーザの求める情報収集を助けたり,他のユーザとの知識・情報を図る情報管理基盤の構築を目指している.既存技術の組み合わせの占める割合が高く,オリジナルな要素技術といえるものが現段階では多くないように拝察される点が残念であるが基盤システムとして構築しようとしている点が興味深く,本事業の支援に値するものであると判断した.




9.開発目標


 組織やグループにおいて,メンバーがネットワークを介して送受信した情報の内容や操作履歴などを収集し,記録した情報を組織やグループ単位で活用できるようにする.記録する際には,個々の情報の内容そのものにタイムスタンプなどの付加情報をあわせて記録し,情報が生まれてから変遷していく過程をたどれるようにする.また,記録されている情報が参照あるいは引用されるといった付加情報も随時追加していくことで,情報の間の関係を重視する.様々な分析・変換ロジックをプラグインとして追加できるような柔軟なデータ処理・分析機能を有し,情報の内容だけでなく付加情報やデータ構造での検索といった,目的に応じて様々な検索アプリケーションを構築するためのミドルウェアを開発する.




10.進捗概要


 本ソフトウェアは,情報収集モジュール,情報解析モジュール,情報提供モジュールから構成される.情報収集モジュール及び情報分析モジュールがミドルウェアに相当する部分,情報提供モジュールがミドルウェアを活用したアプリケーションとして開発する部分である.各モジュールは内のコンポーネントはプラグイン形式で提供する仕組みとなっており,すべてのモジュールに対して,必要に応じた新たなコンポーネントの追加や変更が可能である.さらに,モジュール間のデータの流れおよび記録全般を司るコアエンジンを用意した.各モジュール内のコンポーネントがどのように連携するかは,このコアエンジンによって定義され,モジュール間でやり取りのあったデータはすべてコアエンジンによって記録される.

 多様な環境で利用できるようにするため,各モジュール,コアエンジンは可能な限りJavaで実装した.



11.成果


 特にWeb閲覧とメイルの送受信で得られる情報を対象として,人間の情報収集・提供活動を支援するシステムおよびそれに必要な基盤の開発を行った.独自に作成するWebプロキシやメイル転送エージェント,POP/IMAPサーバを利用して,利用者が日常,閲覧したホームページや送受信したメイルの内容,さらにWebページのアクセス時間間隔や受信したメイルに対する操作の情報を収集できるようにした.また,各種の自然言語処理技術やヒューリスティクスに基づいて作成したルールなどを活用して,情報間の関係や個々の情報に対する重み付けを分析できるようにした.



12.プロジェクト評価


 グループメンバー間の情報共有を可能にするシステムの基盤部分をミドルウェアとして作り,さまざまなアプリケーションを開発可能としていくというアプローチは,発展性があり,興味深いアプローチである.開発したシステムの有効性を今回の開発のみで評価することは難しい.今後,アプリケーション開発を並行させることによって,今回の開発ソフトウェアの有効性が検証され,さらに良きものとなっていくことを期待したい.

 



13.今後の課題


 提案アプローチの有効性は,この基盤ソフトウェアの上に,さまざまな有用なアプリケーションが発展的に開発できるということをもって検証されるべきであろう.他のソフトウェア開発者にも使ってもらい,フィードバックを受け,改良を進めて頂きたい.



  ページトップへ