IPA


開発成果一覧へ





2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業 成果評価報告書(プロジェクト全体について)



 プロジェクトマネジャー: 梅村 恭司 (豊橋技術科学大学 情報工学系 教授



1.プロジェクト全体の概要


 前年度,本年度1回目と継続して,大量の情報を有効に使う方法をプロジェクトの中心のテーマとした。初年度は,長期的に新規性の高い処理方法,次年度の前期は,アプリケーションをささえるシステムミドルウェアであったが,後期は具体的な応用プログラムに関するテーマが主流となった。プロジェクトの採択のときに判定に迷うプロジェクトがたくさんあり,そのときは若年のプロジェクトを優先するということにしていたが,これに該当するケースが多く,結果として若い開発者がそろった。そのため,プロジェクトの進行上も長期的な効果を期待して,過去の開発者との情報交換ができる仕掛けをつくることに留意し,一定の効果が生まれた。




2.プロジェクト採択時の評価(全体)


 概要に述べたように,選択に苦慮するテーマが多くあった。前期のテーマとは異なり,具体的なアプリケーションのテーマが中心であった。提案者の中には,すでに一流の業績のあり,プロジェクトマネジャとしては指導の必要がないとすら思えるようなケースがあり,未踏ソフトウェア開発事業の認知度が高くなったことを実感した。このケースにおいては,提案書も提案内容もすばらしかったが,許される枠のなかで若年の提案を優先する結果になった。採択にあたっては,開発期間で一定の成果がみこまれ,かつ,そこまで開発が進むことによって継続的な発展が開発終了後もみこまれる体制,テーマであることに留意した。



3.プロジェクト終了時の評価


  着手したテーマについて,すべて目的として想定したものが実現できた。今期の成果の多くは,開発結果がすぐに注目されるというよりは,開発者の今後の活躍と同時に,成果が有効に利用されることが予想している。テーマのいくつかについては,相互に情報を交換することで有用性の向上がみとめられるテーマがあった。第一は,村上PJの「統合情報アクセスシステム」と三原PJの「Webを用いたヘルプデスク指向の質問応答システム」であるが,統合する対象システムの一つとして,ヘルプデスクシステムは魅力のあるものであり,実際に協力関係を結べるように活動をPMの指示で行った。第二は岡野原PJの「文脈を利用した文書分類」と神谷PJの「コードクローン検出ツールCCFinderNexGenの開発」である。岡野原PJが実現したモジュールは神谷PJのシステムで有効に利用できる。開発期間中には具体的な統合作業はおこなわれなかったが,岡野原PJからは有望な技術の利用先の一つが増え,神谷PJには差別化の原動力となる技術の一つが提供されることになり,将来的な情報交換が期待できる。


ページトップへ






Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004