IPA


開発成果一覧へ





2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択案件評価書


 



1.担当PM

 

 梅村 恭司 (豊橋技術科学大学 情報工学系 教授)



2.採択者氏名


 代表者

 三原 英理  (筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 博士前期課程)

共同開発者

 馬場 こづえ (筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 博士前期課程)



3.プロジェクト管理組織


 株式会社東大総研



4.委託金支払額

 
 8,000,000円



5.テーマ名

 

 Webを用いたヘルプデスク指向の質問応答システム



6.関連Webサイト


 http://cyclone.slis.tsukuba.ac.jp/mie/



7.テーマ概要


 通常の情報検索システムは,内容の近い文書そのものを回答するが,そもそも文書が欲しいのは情報が欲しいからであり,情報そのものを回答するシステムが実現できると社会的なインパクトが大きい。現在,開発されているシステムの多くは,目的の情報が人の名前や日付など,一つの名詞で表現できるものに限定されているが,本開発では「蜂に刺されたら」というような手順をWebからまとめて提示するシステムを開発する。




8.採択理由

 

 質問応答システムにおいて, 通常は,What, When, Whereを回答することが一般的ですが,Howを回答できるシステムは新しく,波及効果のある開発であると考えます。ベースとなる技術も独自のものがあるため,採択と考えました。




9.開発目標


 実際に概要に述べたタイプの情報アクセスシステムを動作させることが目標である。このシステムは,情報検索システムや日本語の係り受け解析は既存のものを利用するが,Web情報を前処理して,回答の手順を生成するモジュールその回答インタフェースを開発することが必須の開発内容である。




10.進捗概要


 システムの動作は,こちらの想定よりも早期に完了した。多くの作業は,システムの改良作業となった。まず,回答できる質問の種類をできるだけ増やす作業,また,システムの性能評価,また,いろいろな性格の回答の候補をユーザがインタラクティブに選択するためのユーザインタフェースの改良作業と進んだ。一定の完成度が早期に実現できたので,村上氏の「統合情報システム」の一つのコンポーネントとして組み込む作業も,プロジェクトマネジャの指示で行った。



11.成果


 開発目標を満足し,「蜂に刺されたら」というタイプの質問に行動の手順を示すシステムを具現化した。性格の異なる回答が生じるのが不可避であるというシステムの動作上の特性を反映し,回答をインタラクティブに選ぶユーザインタフェースを作り,さらに,別プロジェクトとの融合も実現した。



12.プロジェクト評価


 新しいタイプの情報システムであり,それが実現できたことは高く評価できるが,一般の利用者が使用して驚くというレベルに達するには,まだ,多くの改良が必要である。技術上,難しいことは承知しているが,「蜂に刺されたら」という問いかけから,「蜂蜜」に関連した行為が示されるというような傾向,システムの内部に対して精通していない限り,誤動作とも誤解されない振る舞いがみられる。専門家には,ひとつの先進的な情報システムとして高く評価されるとは考えられるが,多くのユーザをひきつけるには今後の発展が必要であると考えられる。

 



13.今後の課題


 実現した機能は先進的であるので,それが動作しているところを多くの機会と論文で発表し,類似のシステムが多くの場所で試みられるような方策をするべきだと思われる。内部の仕組みを知らないユーザが驚くためには,システム応答の信頼性と説明能力の飛躍的な向上が必要であり,このためには困難な技術的な課題がたくさんある。これは,一つの組織ですべて解決するには手に余るものとも思えるため,実現したことのデモを通じて,多くの企業にシステムの目指す考え方を浸透させるように努力することが,成果が有効に利用される方法であると思われる。



  ページトップへ   





  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004