IPA


開発成果一覧へ





2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択案件評価書


 



1.担当PM

 

 梅村 恭司 (豊橋技術科学大学 情報工学系 教授)



2.採択者氏名


 代表者

 村上 浩司 (株式会社ランゲージ・クラフト研究所)

共同開発者

 関根 聡  (株式会社ランゲージ・クラフト研究所)



3.プロジェクト管理組織


 株式会社ランゲージ・クラフト研究所



4.委託金支払額


 9,783,401円



5.テーマ名

 

 統合情報アクセスシステム



6.関連Webサイト


 なし



7.テーマ概要


 通常の情報検索システムは,ユーザがシステムを選択して,単なる情報検索をするのか,質問応答システムを使用するのかを選択するのであるが,ユーザの質問タイプを推定して適切なシステムに橋渡しをするというモジュールを作成して,既存の情報アクセスシステムを複数統合した大きな情報システムを作成する。




8.採択理由

 

 すでに研究されて有効性が検証されているシステムを統合することで新しいサービスを提供するということで,有効性があります。すでに開発済みの技術が手元にあれば,技術的な難易度は低いのですが,それを実際に実現するには,いろいろな情報アクセスシステムの実績が必要であることから勘案して,提案者独自の技術があると判断できます。




9.開発目標


 実際に概要に述べた多種類の情報アクセスシステムを統合動作させることが目標である。新聞記事への質問を分析し,ユーザが要求されているニーズを分析し,質問分で,タイプを同定できるパターンを定義し振り分けることをする。また,その結果に対して,開発済みの情報システムのインタフェースを変更し,実際に組み合わせる作業を行う。




10.進捗概要


 ドメインを新聞記事に設定し,それを対象にユーザの要求を分析し,どのような情報システムが必要であるかを,既存の情報システムの枠組みにとらわれずに分析し,それに従って振り分けのモジュールを作成した。当初,振り分けのモジュールの汎用性について,情報システムの追加や状況の変化によるカスタマイズを想定していないものとなっていたが,進捗管理の議論により,その部分の柔軟性が向上した。また,振り分けシステムの柔軟性を検証する目的で三原氏の作成する情報システムの融合作業も行った。さらに,分析の結果,既存の情報システムで不足しているシステムのタイプを明らかにした。



11.成果


 開発目標をみたし,統合システムとして,複数の情報システムの融合システムを実現した。さらに,当初計画していない別プロジェクトの情報システムとの融合も実現することで,統合的な情報システムを組み立てるフレームワークを実装したことを示した。



12.プロジェクト評価


 新しいタイプの情報システムであり,それが実現できたことは高く評価できるが,一般の利用者が使用して驚くというレベルに達するには,まだ,多くの改良が必要である。ユーザの要求に直接に対応するための情報システムのいくつかが,まったく新しいものであるために,そのタイプの質問が生じた場合にはシステムの動作はユーザが望むものではなくなる。これは望ましいものではない。ユーザの要求を満たす情報システムを完備することは技術上,難しいことは承知しているが,一般の利用者を引きつけるには必要なことである。専門家には,ひとつの先進的な情報システムとして高く評価されるとは考えられるが,多くのユーザをひきつけるには今後の発展が必要であると考えられる。

 



13.今後の課題


 実現した機能は先進的であるので,それが動作しているところを多くの機会と論文で発表し,類似のシステムが多くの場所で試みられるような方策をするべきだと思われる。内部の仕組みを知らないユーザが驚くためには,不足している情報システムの開発,特に,Yes/Noを回答する情報システムの開発が必要であり,これを解決するのには,非常に困難な技術的な課題がたくさんある。これは,一つの組織ですべて解決するには手に余るものとも思えるため,実現したことのデモを通じて,多くの企業にシステムの目指す考え方を浸透させるように努力することが,成果が有効に利用される方法であると思われる。



  ページトップへ   





  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004