IPA


開発成果一覧へ





2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択案件評価書


 



1.担当PM

 

 梅村 恭司 (豊橋技術科学大学 情報工学系 教授)



2.採択者氏名


 代表者

 西村 啓 (早稲田大学大学院 理工学研究科)

共同開発者

 池長 慶彦 (早稲田大学 理工学部 学生)



3.プロジェクト管理組織


 株式会社 早稲田情報技術研究所 



4.委託金支払額

 

 3,663,602円



5.テーマ名

 

 日本全国IT導入事例分析可視化システム



6.関連Webサイト


 http://jirei.muraoka.info.waseda.ac.jp/



7.テーマ概要


 Webページに公開されているIT事例導入事例というデータの価値に注目し,それを実際に収集して利用できるようにする。また,利用のための可視化のインタフェースを作成する。




8.採択理由

 Web情報を加工してWebに公開するというシステムのひとつとして,実現性もあり,それなりに有効性もあります。波及効果の推定は難しいテーマですが,採択してもよいレベルの提案と判断します。



9.開発目標


 克服するべき技術課題の一つは,形式が定まらないWebの情報を相手に有用な情報を抽出する方法である。もう一つは,効果的な可視化の方法を決定することも難しい。




10.進捗概要


 当初,情報の収集システムは自動化を目指していたが,進捗管理の会議において軌道修正を行い,データを観察することで効率よく収集解析モジュールを作成するツールを作ることとした。また,可視化のモジュールについても,当初はズームの機能や選択などの可視化の定石と考えられる機能が不足したので,その追加開発を行った。



11.成果


 ふたつの特色あるモジュールの開発ができた。ひとつは,情報収集のためのタグ形式ファイルの解析モジュールの生成機能,もう一つは情報のインタラクティブな可視化モジュールである。二つとも,IT導入事例という対象に特化したものとなっているが,その基本構造はWebを対象としたデータの有効利用やデータマイニングのツールに適用できるものであり,開発したことの経験と開発者とマネジャとの議論は今後も有効に作用することが期待できる。



12.プロジェクト評価


 活用事例の可視化システムは,どのような可視化をしたいかという要求によって発展するものであるため,開発したシステムは,利用者とともに発展するというプロセスが必須である。今回,想定した機能は実現できているが,本格的に使われるのに十分であるかということについては,与えられた開発期間で完結したものを作成するのは困難であり,また,実際に完結したシステムではないと考えられる。この時点で,ある一定の標準的なシステムが動作し,それをもとに発展することが期待される。
 開発の速度,品質については想定した品質を満たしている。ただ,一般のユーザが驚くというレベルの機能の開発にはいたらず,実際にシステムが他の類似のシステムと比べて優れているかどうかは,今後の開発者の努力に依存するところが大きい。



13.今後の課題


 実際にシリアスなユーザと協力して,機能を磨いていくことが必須である。情報の抽出と可視化の枠組みが完成し,ユーザにデモンストレーションができるようになっているが,本当のユーザの要求はユーザと協力しなければ明らかにならず,ユーザと開発者が協力してシステムを育てなければならない。



  ページトップへ   





  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004