IPA


開発成果一覧へ





2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業 成果評価報告書(プロジェクト全体について)



 プロジェクトマネジャー: 石田 亨 (京都大学大学院 情報学研究科 教授)



1.プロジェクト全体の概要


 Webとエージェントの世界が繋がりつつある. セマンティックWebはエージェントのためのWebだとも言われている. 逆にエージェントは膨大な利用可能データを手にすることになる. このテーマでは, エージェントとセマンティックWeb技術を用いて, 多くの人々の情報共有とコラボレーションに役立つソフトウェアを求めた. 募集は, 以下の2タイプとした.


 タイプ1 情報共有とコラボレーション支援のためのツール

 今日ほど人々の情報共有とコラボレーションが求められているときはない. エージェント, あるいはセマンティックWeb技術を用いた, 情報共有とコラボレーション支援のためのソフトウェアを求めた. 組織内, 組織間, コミュニティ内, 国内, 地球規模を問わなかった. 多数の人々, 多様な組織, 大量の情報を扱い, 異なる組織, 異なる文化, 異なる言語など, さまざまなバリアを超えるツールを求めた. 社会的実証を伴うテーマ(例えば, 青空文庫, CiteSeer, デジタルシティ, 異文化コラボレーション実験のようなシステム)を歓迎した.

 タイプ2 エージェントとセマンティックWebのためのライブラリ

 エージェント, セマンティックWebなど, 情報共有とコラボレーション支援のためのソフトウェア開発に寄与するコア技術ライブラリを求めた. 高機能, 高性能なライブラリを歓迎した. 特許性のあるソフト開発の支援を試みた.

 審査にあたっては, 以下の点を重視した.
 ・ アイデアのインパクト(新規性・事業化の可能性・社会的意義)
 ・ ソフトウェアの企画・立案能力や開発能力




2.プロジェクト採択時の評価(全体)


 応募総数は29件であった. 書類審査により8件に絞り, その後, 東京で6件, 京都で2件のインタビューを行った. 審査過程では, アドバイザとして中小路久美代氏(東京大学), 橋本大也氏(データセクション), 中西英之氏(京都大学)の意見を伺った. 採択されたテーマは以下の5件である.

 1.映像制作者のグループウェアコミュニティ「シネマワーク」の開発
 2.LWO. 軽量なWebオントロジーレポジトリの開発
 3.セマンティック・ラッパーとしての絵文字ナレッジベースXTM構築
 4.マルチエージェント環境としての仮想証券市場とロボットの開発
 5.京都サーチ縁人−ローカル・イシュー・ネットワークの構築

 上記のテーマは, 情報共有とコラボレーション支援のためのツール(1,3,5), あるいはエージェントとセマンティックWebのためのライブラリ(2,4)である. また, 絵文字ナレッジベースや仮想証券市場は社会的実証を伴うテーマである.

 本年度は採択が2回に分かれたため, 前期, 後期での採択件数のバランスをとるのが難しかった. 前期は36件の応募で3件, 後期は29件の応募で5件を採択したことになる. 前後期合計で65件の応募があり8件の採択となった. 昨年度が51件の応募で6件を採択したので, 応募件数, 採択件数共に順調に伸びていると言ってよいだろう.



3.プロジェクト終了時の評価


 12月21日に京都で非公開のキックオフミーティングを行った. また, 4月16日には京都大学時計台記念館で公開の中間報告会を行った. 中間報告会の後, 鞍馬で合宿を行い, 非日常的な環境の中での散策と議論を行った. 5月27日には上海交通大学で, 日中未踏ソフトウェアシンポジウムを行った. プログラムは以下のとおりで, 嘉村, 高崎両氏が講演を行っている.

 ・The Second China-Japan Symposium on Exploratory Software

 

  May 27th, 2005, 2:00pm-6:00pm
  Shanghai Jiao Tong University, Shanghai, China

 

  Sponsored by
  Shanghai Jiao Tong University, China

 

  Supported by
  IPA: Information-technology Promotion Agency, Japan


  General Chair
  Sheng Huanye, Shanghai Jiao Tong University

 

  Program Co-Chairs
  Ding Peng, Shanghai Jiao Tong University
  Toru Ishida, Kyoto University

 

  2:00-2:10 Opening
  Sheng Huanye
  Shanghai Jiao Tong University

 

  2:10-2:40 Local Issue Network "Kyoto Search Enzin"
  Kenshu Kamura
  Kyoto Univ. Departmemt of Agriculture

 

  2:40-3:10 Application of Embedded System and its Software --- in the College
  Lianga Lei
  Shanghai Jiao Tong University

 

  3:10-3:40 FreeWalk/Q: A Virtual City with Agents
  Toru Ishida
  Department of Social Informatics, Kyoto University

 

  3:50-4:20 A Multi-Agent Platform
  Cao Jian
  Shanghai Jiao Tong University

 

  4:20-4:50 Pictogram Communication by Semantic Wrapper Topic Maps
  Toshiyuki Takasaki
  NPO Pangaea

 

  4:50-5:00 Closing
  Toru Ishida
  Department of Social Informatics, Kyoto University

 

  5:00-6:00 Demos at Shanghai Jiao Tong University

 

 反日デモの影響が残る上海で, 若い日中の学生, 技術者が交流できたことは意義深いことと思う. 過去を越えるのは, 若い世代の国境を越えた友情しかない. 上海交通大学でのシンポジウム, 5月30日のIBM上海センターでのオフショア開発現場の見学が, 若い未踏メンバーの今後の活躍の幅を広げるものと期待している.

 最終報告会は8月13日に東京で行った. 独立行政法人産業技術総合研究所ベンチャー開発戦略研究センター高村淳氏, パートナーズ有限会社才式祐久氏にも参加いただき, 活発な報告会となった. 今回のメンバーは実際に社会活動を展開しながらソフトを開発しているケースが多く, ソフトウェア開発のモティベーションが明確で, その結果として生まれたソフトウェアも完成度が高いものが多いとの評価を得た.

 前期, 後期の2期に分けた採択は, 機会の増大という良い面もあるが, 特に後期には大きな問題が潜在していることが明らかとなった. 10月の応募時点で予想困難な環境変化が4月に生じることがある. 今回の例では, 5チーム中3チームのメンバーが所属を変えている. 学生から社会人へ, あるいはA大学からB大学へという環境変化の結果, ソフトウェア開発のスケジュールにも深刻な影響が生じた.


ページトップへ






Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004