IPA


開発成果一覧へ





2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業 成果評価報告書(プロジェクト全体について)



 プロジェクトマネジャー: 中島 秀之 (公立はこだて未来大学 学長)



1.プロジェクト全体の概要


 2004 年度前期同様,以下のような複数のテーマを挙げてプロジェクト募集を行った。


  ・ 知的で使いやすいユーザインタフェース。
  ・ ユビキタスコンピューティング環境における革新的なユーザ支援システム。
   高度な支援よりは誰でも手軽に使えることを優先する。
  ・ 情報技術(たとえばマルチエージェントシステム)の社会応用。ただし、現存する社会システムをソフトウェア化するのではなく、現状では実現不可能なものを可能にする技術の開発。実際に社会で使われるところまでは要求しないが、プロトタイプがデモできること。
  ・ モバイルエージェント技術の革新的な応用。
  ・ 有機的プログラミング言語GAEA の高度化(新機能の導入を条件とする)ならびに応用システム作成。


 最後のテーマはPM が以前行っていた研究を引き継いでくれる人がいないかと思って追加したものであるが、残念ながらこれの応募はなかった。他のテーマは基本的には情報処理技術の社会応用を中心に据えて、その前提となるインタフェースやシステム自体の提案などを公募したものである。社会を変革する種となるような大粒の提案を期待したものの、やはり1年という期間でこれを実装するのは困難とみえて、採録にいたったものは2004 年度前期同様インタフェース関連の提案が中心であった。


 開発期間が短いため、プロトタイプがデモできれば良いが、終了後に社会応用(製品化)まで持っていくシナリオがあるとベターである。




2.プロジェクト採択時の評価(全体)


 様々な提案があったなかで、以下の条件を満たす可能性のあるテーマについて面接を行い、その中から最終的な採択を決定した。


  ・ 未踏領域と呼ぶにふさわしい革新的テーマであること。
  ・ およそ半年で実装の可能性があるテーマであること(いかに革新的であっても、それが理論に留まるものや、実装に長大な期間を要すると思われるものはプロジェクトの性格上排除せざるをえない)。
  ・ 私の専門の範囲内であること。
  ・ 自分が使ってみたいシステムを優先した。


 2004 年度前期に比べ,後期の応募は金額的に小粒(これは必ずしもテーマが小粒であることを意味しない)のテーマが全体的に多かった。そのため少ない金額で多くのテーマを採択することが可能となった。




3.プロジェクト終了時の評価


 2 に述べたように、予算的観点からは多めのプロジェクトを採択することができた。そのため、未踏として立派な仕事ができる(これは必ずしも成功を意味するのではなく、失敗するにしても未踏らしい壮大な散り方がある―2004 年度前期に1 件あった)ことに迷いがあるボーダーラインのものも採用することとなった。しかしながら終わってみたときには、ボーダーラインのものを含め、皆それなりにまとまった仕事をしたと感じている。


ページトップへ






Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004