IPA


開発成果一覧へ





2004年度第2回未踏ソフトウェア創造事業  採択案件評価書


 



1.担当PM

 

 長尾 確  (名古屋大学 情報メディア教育センター 教授)



2.採択者氏名


 代表者

 清水 亮 (有限会社ユビキタスエンターテインメント 代表取締役社長)

共同開発者

 なし



3.プロジェクト管理組織


 有限会社ユビキタスエンターテインメント



4.委託金支払額

 

 7,793,015円



5.テーマ名

 

 ワークフロー指向の次世代文章アプリケーションプラットフォーム



6.関連Webサイト


 http://www.uei.co.jp/



7.テーマ概要


 このプロジェクトでは、複数の情報をアーティクル単位で管理し、複数アーティクルの相互関係性によってより大きな情報を多面的に管理するアプリケーションのプラットフォームを開発した。
  これは、従来、ファイルとディレクトリというオントロジーで扱われていた情報を、アーティクルという、より細かな単位に分解し、メタデータを付与することで、利用目的に応じた序列と集合の即時取得を可能にし、文書アプリケーションの基盤となり得ることを示したものである。このシステムでは個人および組織における情報を即座に複数の用途に供することができるため、従来考えられなかった細かなアプリケーションの開発を可能にする。



8.採択理由


 マイクロソフトを凌駕したいという気持ちは大変よい。また、作成した文書に対する動的に付与される属性に応じて、その形態が変化していく仕組みは重要である。ワードに悩まされなくてすむ世界を作ってくれることを期待して採択とする。




9.開発目標


 現在、エンドユーザが一般的に計算機上で扱う情報の種類は非常に多岐に渡る。エンドユーザが扱う情報はより細分化された。
  電子メールを初めとする極めて短い文章データや、アイデアの断片、スケジュールのひとつひとつの項目、プロジェクト管理のひとつひとつの作業項目など、情報を扱ううえでの最小構成単位を本研究では「アーティクル」と呼ぶ。このプロジェクトでは従来、情報の本質部分においては再利用への要求が強いにも関わらず、技術的には再利用性が低かったアーティクルをファイルやディレクトリといった管理単位から遊離させ、複数のアプリケーション間で相互運用するための手法が必要になってくる。

  そこで、本プロジェクトでは、アプリケーションでアーティクルを相互運用するために「アーティクル直交化」という概念を提唱し、データの断片を多面的に処理するためZEKEエンジンと呼ばれるアーティクル直交化アプリケーションプラットフォームの開発を目標とする。



10.進捗概要


 ZEKEエンジンの実装は計画通り終了し、ZEKEエンジンが既存の文書アプリケーション用途を代替できるデモンストレーションとして、コミュニティサイト制作ミドルウェアであるZEKE SQUAREを併せて開発した。
  本プロジェクトの当初の計画では、サンプルアプリケーションとしてスケジューラなどのPIMアプリケーションを開発する予定だったが、開発を進める中でコミュニティサイトに対するニーズが急速に高まっていたため、急遽これにあわせてもっともプレゼンスの高い実装例を採用することとした。なお、PIMアプリケーションについては今後も開発を続けていく予定である。



11.成果


 (1)アーティクル直交化アプリケーションプラットフォーム ZEKEエンジン
 メタデータ付きアーティクルによって従来のディレクトリのような階層構造の制約を受けず、柔軟な検索を可能にしたモデルをアーティクル直交化と呼ぶ。このモデルを最初に実装したのがこのアーティクル直交化アプリケーションプラットフォーム、通称ZEKEエンジンである。
 ZEKEエンジンはJavaのクラスライブラリとしてAPIを提供しており、これを用いて開発されたすべてのアプリケーションは同一データベース内での直交化の恩恵を受けることができる。
 また、ZEKEエンジンはORマッピングの不要な動的スキーマ変更に対応しているため、アジャイル開発においても威力を発揮することが期待される。

 (2)コミュニティサイト制作ミドルウェア ZEKE SQUARE
 ZEKEエンジンの実用試験用サンプルとして、コミュニティサイトを製作するためのミドルウェアZEKE SQUAREを開発した。
 ソーシャルネットワーク機能、ショートメール機能、ブログ機能が搭載され、HTMLのテンプレートと独自の言語拡張部分を変更するだけで簡単に必要な機能を作りこむことができる。
 ZEKE SQUAREはZEKEエンジンの採用による高い拡張性と柔軟性が評価され、すでに数社のコミュニティサイト開発に利用されている。

 これらの開発成果の特徴は以下の通りである。
 ZEKEエンジンは従前のリレーショナルデータベース(RDB)とも、XMLデータベース(XMLDB)とも異なる、全く新しい概念で作られたデータ管理エンジンであると同時に、複数のアプリケーション間での相互運用まで可能にした。
 これと比較すべき製品は他社に例を見ないが、たとえばデータベース的な性質だけを見ても、以下のようなアプリケーション開発フローの違いがある。

 従前のリレーショナルデータベースを使う場合
  1. テーブルスキーマの設計
  2. 新しいテーブルを作るとき  → CREATE TABLE文で作成
  3. 新しいデータを入れるとき  → INSERT文で挿入
  4. 既存のデータを変更するとき → UPDATE文で変更
  5. オブジェクト指向で使う場合 → O/Rマッピングエンジンを使用

 ZEKEエンジンを使用した場合
  1. テーブルスキーマの設計 → なし
  2. 新しいテーブルを作るとき → なし
  3. 新しいデータを入れるとき → CArticle::write()を呼び出す
  4. 既存のデータを変更するとき → CArticle::write()を呼び出す
  5. オブジェクト指向で使う場合 → CArticleを継承

 上記のように、煩雑なスキーマの設計や更新、挿入の区別をする必要がなく、ORマッピングの必要もないなど、これだけでも相当の生産性を確保できることがわかる。

 無論、他のアプリケーションとの相互運用も可能で、従来は開発が難しかったSNSやブログ、メーラーなどが複合したアプリケーションをごく簡単に開発することができる。これはZEKE SQUAREで実証されている。



12.プロジェクト評価


 このプロジェクトは、開発者の発想のセンスのよさと豊富な経験に裏打ちされて、よい成果に結び付いたものと思われる。開発されたシステムは、きわめてシンプルであるにも関わらず、メタデータの本質をうまく利用した仕組みを有し、今後の発展が大いに期待される。また、プロジェクトの当初から事業化を視野に入れたものであり、開発者がすでに多くの事業を立案・実行した経験を持つため、大変手際がよく、すでにいくつかの導入実績がある。開発者が、採択時に筆者に言った「Microsoftを凌駕するソフトウェアを提供する」という野望に到達するまでには、まだやるべきことが多いと思われるが、開発者がその理想を持ち続け、次々と新しい提案を実行していけば、いつかきっとMicrosoftやGoogleを凌ぐソフトウェアやサービスを提供し、日本の技術力を世界に知らしめることができるようになると思われる。未踏ソフトウェア創造事業の採択者の一人に、それだけの野望と実行力を持っている人間がいるということは喜ばしい限りである。

 



13.今後の課題


 このプロジェクトの主要な成果であるZEKEエンジンは、現在32ビットのPowerPC G4ベースで書かれているが、これをIntel版に対応させ、より多くのサーバーをターゲットとして動作させるように拡張していく必要があるだろう。
 また、64ビットのPowerPC G5、およびPentium4 em64に対応させ、分散化環境に対応した拡張を行っていくなど、多様なプラットフォーム上で稼動できるようにすることによって、より一般的な用途に対応できるだろう。
 ZEKEエンジンのアプリケーションであるZEKE SQUAREは、その拡張性と柔軟性から高い評価を受けているため、今後も開発を続けていくべきだろう。
 また、ZEKEエンジンそのものも機能拡張し、ZEKE SQUARE以外の多くのアプリケーションへの提供を行っていくことによって、アーティクル直交化の真の威力が発揮されることになると思われる。


  ページトップへ   





  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004