IPA


開発成果一覧へ





2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業  採択案件評価書


 



1.担当PM

 長尾 確 (名古屋大学 情報メディア教育センター 教授)



2.採択者氏名


 代表者

沼 晃介(総合研究大学院大学 複合科学研究科)

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


 株式会社 リオ



4.委託金支払額


 4,484,400円



5.テーマ名


 Community Webプラットフォーム



6.関連Webサイト


 なし



7.テーマ概要


  近年のWebにおいて、個人用コンテンツマネジメントシステム(CMS)による情報管理とメタデータ配信、およびソーシャルネットワーキングサービス(SNS)が普及しつつある。Webはこれまで匿名的な情報のアーカイブとしての役割が強かったが、現在ではそのWeb上で情報の読み手・書き手・編集者としての個人の存在が明確になりつつあり、その個人間でどのように情報の流通がなされるべきかが検討されている。本プロジェクトでは、このような状況を鑑み、今後のWebの進歩の方向性を先取すべく「Community Webプラットフォーム」を提案する。Community Webプラットフォームでは、個人を単位とした情報の組織化や知識の体系化を行い、個人間のネットワークを通じてそれらを共有する。Webコンテンツはこのような「人のつながり」「意味のつながり」によって検索・推薦されることになる。



8.採択理由


 ソーシャルネットワーキングの支援ツールは今後ますます重要なものになっていくと思われる。人間同士の信頼関係をベースにしてオンラインコンテンツの信頼度を計算する手法は有効と思われる。さらに、Semantic Webにおいてしばしば言及されるWeb of Trustに発展させることができれば本提案の意義は大きいだろう。以上の理由により採択とする。ただし、これまでに開発されたツールがベースになると思われるので、今回はその拡張を基本とし、新規アイディアの研究開発は最小限に留める。



9.開発目標

 

 本プロジェクトではユーザが日常的に行うコンテンツの収集、分類、編集、記述および配信といった行為から自動的にセマンティクスを獲得し、コンテンツに付加する仕組みを提案・開発する。本プロジェクトは以下のサブシステムからなる「Community Webプラットフォーム」を開発する。各ユーザが持つパーソナルサイトとしてのRSSポータルRNA、他のサイトからの情報収集や自身のサイトへのコンテンツ記述を行い、パーソナルネットワークの管理機能や知識体系(オントロジー)の編集機能を持つブラウザ・エディタであるglucose、そして、パーソナルサイトを横断的にアクセスし、新しい情報検索や情報推薦を提供するCommunity Webサービスである。本プロジェクトは、既存のWebをツールとメタデータによって拡張する壮大な試みであるが、既存のツールを積極的に利用することや、メタデータ体系の設計・提案を行う活動組織を立ち上げ、関連ツールを開発しやすい環境を構築するなど、現実的な戦略によって近い将来のWebアーキテクチャを変革することを目標とする。



10.進捗概要

 

 図3.1のアーキテクチャに基づき、Webアプリケーション型RSSポータルであるRNA、ソーシャルネットワーキングサービスのためのWindows用ブラウザ・エディタであるglucose、個人単位の情報集約システムであるEgosearchを開発した。

 

図3.1 システムアーキテクチャ




11.成果

 

 本プロジェクトの成果であるRNA 2.0、glucose 2.0およびその機能であるPerson-based Aggregationについて以下に順に説明する。

 1. RNA 2.0
  ・Webアプリケーション型RSSポータルであり、
   ・Check:どのサイト・人に注目しているか
   ・Clip:どのコンテンツに注目しているか
   の2点をサポートするためにWeblogツールを補完するものであり、以下の機能を持つ。
   ・RSSアンテナ
   ・TrackBack抽出
   ・クリッピング
   ・RSS再配信
   ・テンプレートシステム
   ・FOAF管理

 図3.2にその画面例を示す。


図3.2 RNA 2.0の画面例

 2. glucose 2.0
 ソーシャルネットワーキングサービスのためのWindows用ブラウザ・エディタであり、以前に開発されたRSSリーダー「glucose」の機能強化版である。
 基本機能として以下のものを持つ。
 ・RSSリーダー
  ・TrackBack抽出
  ・キーワード登録・プッシュ型検索
    ・RSS検索エンジンと連携
 ・Weblogエディタ
  ・Weblogへの投稿
  ・RNAへのクリップ投稿

 3.Person-based Aggregation
 glucose 2.0に新規に追加された個人単位の情報集約機能である。
  ・ ここで、個人=情報のチャンネルとして以下の情報を収集する。
    ・Weblogエントリー
    ・SNS (Social Networking Service)上の日記
    ・その他のサービス(RNAクリッピング・ブックマーク)の情報
  ・FOAF (Friend-Of-A-Friend)メタデータによる友人・知人情報の一元管理を行う。これは、以下の機能を持つ。
    ・各サービスのコンテンツを集約し、「個人」チャンネルのコンテンツとして表示
    ・SNSアグリゲータとして利用可能

 図3.3にその画面例を示す。

図3.3 glucose 2.0によるPerson-based Aggregationの画面例




12.プロジェクト評価


 個々のツール類はよくできていると思われるが、以前に開発されたシステムの機能拡張に留まっている感が否めない。もっと積極的にアピールできるだけの画期的な機能が実現されていれば、より有意義だったと考えられる。



13.今後の課題


 プロジェクト本来の目的である個人間の関係に基づいて、Webコンテンツの信頼度を計算して、Webコンテンツを個人にとってより効果的なものにする、という機能を早期に実現すべきだろう。現時点では、SNSの若干の拡張に過ぎず、コンテンツの検索と推薦という従来からある機能を異なる形で実現しただけであり、このままでは、社会的なインパクトに欠けるといわざるを得ない。
 真のコミュニティWebの実現と活性化のために今後も継続的に努力してくれることを期待する。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004