IPA






2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM


 酒井 裕司



2.採択者氏名


 代表者

奥 一穂(株式会社モビラス 代表取締役)

共同開発者

北條 裕明(株式会社モビラス)



3.プロジェクト管理組織


 株式会社モビラス



4.採択金額


 14,250,000円



5.テーマ名


 ウェブアプリケーション (Apache/Perl) 統合開発環境の開発



6.関連Webサイト


 



7.テーマ概要


 Apache ウェブサーバとプログラミング言語 Perl の組み合わせは、ウェブアプリケーション環境の中でも最もメジャーなもののひとつである。しかしながら、その開発からメンテナンスに至るライフサイクル全体の効率は低い。また、その効率の低さが、アプリケーションの品質の悪さやバグ/セキュリティホールの放置といった問題の温床となっている。
 本提案では、Apache と Perl を使用するウェブアプリケーション環境にむけ、ライフサイクル全体にわたり効率を向上させる、ウェブベースの統合開発環境を開発する。
提供される機能は以下の3機能である。
 ・編集機能
 ・バージョン管理機能
 ・対話的デバッグ機能
これにより、もたらされるメリットは、
 ・コーディング、デバッグ効率の改善
 ・ダウンタイムゼロのデプロイ
 ・メンテナンスの効率改善とソフトウェア品質の向上
 ・運用環境での開発によるコスト削減
の4点である。
 これらのメリットにより、より高品質のウェブアプリケーションをより迅速に開発できるようになり、サーバの安定性が向上し、迅速なバグ/セキュリティホール修正が可能となる。



8.採択理由


 商売としては厳しい分野だとは思いますが、大手ベンダーのアプリケーションサーバーが放置している対応環境である一方、一定規模のアプリケーション開発ニーズがあり、かつ、統合的で便利な環境が存在しないという観点からユニークさを発揮できると考え採択しました。





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004