IPA






2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM

   加藤 和彦



2.採択者氏名


 代表者

住井 英二郎( University of Pennsylvania Department of Computer and Information Science, Research Associate )

共同開発者

住井 真紀子(フリー)



3.プロジェクト管理組織


  日本エンジェルズ・インベストメント株式会社



4.採択金額


  4,000,000



5.テーマ名


  美しい日本の ML コンパイラ



6.関連Webサイト


 



7.テーマ概要

 プログラミング言語 ML のサブセットについて、以下の特徴をもつコンパイラを開発する : (1) 実装が簡潔である、 (2) 性能のよいコードを生成する、 (3) 自明でないアプリケーションを実行できる(レイトレーシングを予定)。第一義的な用途は情報科学・計算機工学を専攻する学部生ないし大学院生の教育であるが、 ML の実現方法に興味をもつ技術者・研究者の参照実装としても有用である。この目的のために、(授業でも使用できる)コンパイルの方法を解説した資料を公開し、登録したユーザにはソースコードを配布する。

 ML は高階関数、多相・再帰データ型、パターンマッチング、型推論、例外処理、自動メモリ管理、モジュールシステムといった高度な機能をもつプログラミング言語である。現在では Objective Caml を代表とする効率のよい実装が開発され、理論的/技術的にはもっとも強力な言語の一つとなっている。しかし、若手の研究者や一部の愛好家からは熱烈に支持されているものの、主として社会的慣性、特に技術者養成の問題がネックとなり、一般の部外者まで広まるには至っていない。この残念な現実を多少なりとも改善すべく、代表者らは東京大学理学部情報科学科における ML プログラミングのカリキュラム開発、東京大学医科学研究所宮野研究室における生物情報学研究での ML 使用、 ACM ICFP プログラミングコンテスト(使用言語自由)への ML プログラムによる参加(過去二回優勝)、 ML プログラミングの教本翻訳といった一連の活動をしている。そのような活動の一貫として提案プロジェクトでは、学生やプログラマが詳細まで理解できる ML コンパイラを実装し、「 ML は何をやっているかよくわからない(から使いたくない)」という疑念を払拭する。





8.採択理由

  これまでに十分な準備がなされており,研究実績と合わせて,開発目的を達成できる可能性は十分にあると判断した.




  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004