IPA






2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM


  鵜飼 文敏



2.採択者氏名


 代表者

徳永 拓之(大阪大学)

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


  日本エンジェルズ・インベストメント株式会社



4.採択金額


  5,600,000



5.テーマ名


  S 式表現を利用したプレゼンテーションツールの作成



6.関連Webサイト


 



7.テーマ概要

 

 現在、プレゼンテーションツールにはパワーポイントに代表される GUI でプレゼン資料を製作していくものと、マジックポイントに代表されるテキストエディタでプレゼン資料を製作していくものが存在する。

 後者のエディタでの原稿作成の利点は、テキストエディタの強力な検索機能や置換機能を利用し、効率的にプレゼン資料を製作できることである。本提案では、新しい後者のテキストエディタで資料を開発するタイプ(以下、エディタ型とする)のプレゼンテーションツールの開発を提案する。




8.採択理由


 UNIX ユーザがプレゼンテーションツールとして使っている MagicPoint を超えるプレゼンテーションツールを開発するという提案で、論理構造とデザインを分離して作成できるような表現形式の定義がうまくできれば、本提案の成果物は期待できるものになるでしょう。描画部分に cairo という新しい 2D グラフィックライブラリを利用するということなので、本提案の開発を通じて副次的に cairo の発展などにも寄与することを期待しています。





  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004