IPA






2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM


  石田 亨



2.採択者氏名


 代表者

中山 浩太郎(大阪大学大学院 情報科学研究科

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


  株式会社大阪彩都総合研究所



4.採択金額


  6,000,000



5.テーマ名


  セマンティック Web によるプログラム自動生成エージェント



6.関連Webサイト


 



7.テーマ概要

 本プロジェクトでは、セマンティック Web 技術を利用し、人間からの命令を解析して、適切なプログラムを自動生成・実行する統合的なエージェントシステムを開発する。本システムの特徴は、グループウェア機能により、日常生活の中から RDF データを取得しておき、プログラムの自動生成に利用する点である。これは、セマンティック Web において現在最も大きな問題となっているメタデータの不備を解決するためのアプローチの一つである。例えば、グループウェアとして標準的なスケジュール管理機能・ドキュメント管理機能・掲示板( Blog )機能などにより、スケジュール情報・ドキュメント情報・各種メタデータの蓄積を行う。これにより、体系化された人間の行動履歴データを RDF で継続的に取得し、再利用することで精度向上が可能となる。

 また、本システムでは、セマンティック Web 技術をネイティブデータとして利用することにより、 Web 上に公開されている RDF を取り入れ、知識を拡張できる。さらに、 Web を通じて組織間での情報共有や情報交換を行うことにより、組織を超えた知識共有が実現できる。ここで重要なポイントは、蓄積された RDF データに対し、各種マイニングを行うことで新たな知識やオントロジを自動で構築することである。データマイニングの際には、分散データの中から統計的手法や進化的アプローチにより新たな知識・概念を抽出する。これにより、組織内でのコモンセンスや業務領域に関するオントロジを抽出し、プログラムの自動生成に利用する





8.採択理由

  自然言語によるユーザの命令を解析し , グループウェアが蓄積する RDF データを用いて , Web サービスを連携させるシステムの提案している.全体構想は非常に大きいが , この計画では , 蓄積された RDF データを用いて Web サービスを連携させる部分に焦点を当てている . ベストプラクティスから連携を生み出すのは誰もが必要とする機能だろう . 中山さんの技術力と情熱で , 使えるシステムが生まれることを期待して採択した .




  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004