IPA






2004年度第1回未踏ソフトウェア創造事業  採択概要


 



1.担当PM


 石田 亨



2.採択者氏名


 代表者

吉野 孝(和歌山大学 システム工学部 助教授)

共同開発者

なし



3.プロジェクト管理組織


 テクノロジーシードインキュベーション株式会社



4.採択金額


 8,000,000円



5.テーマ名


 異文化コミュニケーションのための知識共有システムの構築



6.関連Webサイト


 



7.テーマ概要


 本テーマの目的は,異文化(現時点の対象は日本と中国を想定)間での,コミュニケーションを支援するための知識共有システム構築である.異文化間での知識共有の実現のために,機械翻訳サービスとRDF(Resource Description Framework)とRDF Schema(以下,RDF 技術)を用いる.構築したシステムは,一般公開を行い,知識の共有を進める.
 異文化間では,言語の相違だけでなく文化背景の相違など,一対一の言語の対応だけでは,単純に表現できない.日本語では,「私」という言葉は,相手と話し手との関係などによって,「わたし」「わたくし」「ぼく」など使い分けが可能であり,異なったニュアンスを持つ.しかし,英語への翻訳は全て「I」となる.この違いについては,RDF技術を用いて,語句に対する概念のレベルを経由することにより表現することができる.
 本システムは,平成15年度の未踏ソフトウェア創造事業で開発した発想支援システムから利用可能にする.具体的には,翻訳精度に問題のある機械翻訳に対する一つの支援になると考えている.
 現在,全世界において,様々な形でオントロジーが作成されつつある.異なる言語間における語彙のオントロジーの構築に関してはほとんど行われていない.これは,一つの言語のオントロジーの作成においても多くの問題が存在しているためである.本テーマは,限定された範囲ではあるが,異なる言語間のオントロジーの構築に寄与する.



8.採択理由


 昨年度開発した発想支援システムは, 最終報告会で大きな評価を得ました. 今年度は, その発想支援システムを発展させ, アイデアを集積し, 概念を整理しオントロジー構築へと結び付けているツールが提案されています. また, 今後の東アジアでの国際的なプロジェクトを想定し, 日中韓などの複数の言語を翻訳する機能を埋め込んでいます. 吉野さんは, プログラム開発力は目を瞠るものがあります. 本年度の末には, 広く利用可能なツールが提供されることを期待して採択しました.




  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004