IPA


IPAトップ





平成15年度未踏ソフトウェア創造事業  採択案件評価書


 



1.担当PM


 徳田 英幸   (慶應義塾大学 政策・メディア研究科委員長 環境情報学部 教授 )



2.採択者氏名


 代表者

藤波 香織(早稲田大学大学院理工学研究科 中島研究室)

共同開発者

正寺 朋子(同上 修士課程)
中村 暢芳(同上)
山邉 哲生(同上)



3.プロジェクト管理組織


 モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社



4.委託金支払額


 5,354,645円



5.テーマ名


 プライバシアウェアなユビキタス環境構築のためのシステム



6.関連Webサイト


 なし



7.プロジェクト概要


 ユビキタス時代では,従来からインターネット上での商取引で用いられてきた氏名やクレジットカード番号といった静的な情報だけでなく,センサから得られる位置や個人の状態といった動的な情報も用いることで,特定の場所で特定の人にだけ意味を持つサービスを提供することが可能となり,日常生活がより豊かで便利になることが期待される.しかし,一方ではプライバシ情報を与えることになるため,これを適切に扱うことが必要である.このため,ユビキタス環境を実現する基盤となるプライバシ情報の利用者と提供者の双方で必要なソフトウェアを開発する.



8.採択理由


ユビキタス環境におけるプライバシー処理技術は、重要である。提案されているプライバシー情報提供ポリシーを利用したコンテクストアウェアなユビキタスアプリケーションのモデルは実用性が高い。端末・プライバシービーコン・AP側ソフトウェアでなく、簡単な実アプリケーション例も開発してくれることを望む。




9.開発目標


 携帯端末を所持したユーザが特定のエリアに近づいた場合に,事前のユーザによる設定に基づき,当該エリア内のサービスで必要とするプライバシ情報の提供方法を決定し,極力シームレスに情報提供するための端末側およびサービス側の基盤ソフトウェアとこれを用いたアプリケーション開発を行う.ユーザが使用する端末上で動くアプリケーションとプライバシーエージェントとサービスを提供するためのサービスビーコンとの関係は、図1のように示すことができる。

 

ユーザ端末上のアプリケーションとサービスビーコンとの関係図

 

図1: ユーザ端末上のアプリケーションとサービスビーコンとの関係





10.進捗概要


 前期末の時点で、実施計画書記載の範疇で関連研究調査などを踏まえ,開発内容を再検討しフォーカスを絞った.特に、開発内容の再検討,システムソフトに先んじたアプリケーションの検討,およびメンバ個人のスキルアップのための調査や基礎評価などを行った。
 全体を通じて、予定よりやや遅れ気味な進捗であったが、最終的には、プライバシ情報提供制御を行うための基盤ソフトウェア(PENATES; Privacy protEctionN Architecture for contexT¬aware EnvironmentS)および2つの実証アプリケーションを実装することができた。また、2つのコンテキストアウェアなアプリケーションは、第3回目と最終報告会でビデオによるデモンストレーションが行われた。



11.成果


 本プロジェクトで開発したソフトウェアは、サービスビーコンからなる基盤ソフトウェア、ユーザ端末上で動くプライバシーエージェント、およびそれらの機能を実証するための2つのアプリケーションソフトウェアである。サービスビーコンは、端末の検出, ポリシファイルの配信, 端末とアプリケーションの管理, 端末とアプリケーション間の通信の仲介を実現した。プライバシーエージェントは、携帯端末上に存在し,サービスビーコンから配信されたプライバシポリシと端末側に存在するプライバシプレファレンス( 以下, プレファレンス) を比較して, プライバシ情報の提供可否判定機構を提供した. 図2にiPAQ上に実現されたプライバシエージェントとPC上に実現されたサービスビーコンとの関係をしめす。

 

実装されたサービスビーコンとユーザ端末図

 

図2: 実装されたサービスビーコンとユーザ端末

 

 サービスビーコンとプライバシエージェントの機能を実証するために、コンテキストアウェアなTrash Boxアプリケーション(図3)とContextSchedulerアプリケーション(図4)が構築された。

 

 

コンテキストアウェアなTrash Boxアプリケーション図

 

図3: コンテキストアウェアなTrash Boxアプリケーション

 

ContextSchedulerアプリケーション図

 

図4: ContextSchedulerアプリケーション

 




12.プロジェクト評価


 本プロジェクトは、大学の同じ研究室に所属するメンバ4名で構成されており、連携がよいのが特徴である反面、スーパークリエータ的な個人がいるかどうかの判定がやや難しかった。ソフトウェアの開発に関しては、W3Cで提案されているプライバシに関わるP3Pなどの標準動向の調査をしっかりしていた点やシステムの仕様を決定してから、開発をスタートしていた点が評価できる。また、対象としているシステムがいろいろな場面で利用できるので、システムを利用する上での前提条件をより明確化することを課題としていたが、最終的には整理できた点も評価できる。



13.今後の課題


 今後の課題としては、サービスビーコンとプライバシエージェントの枠組みが、どのくらい広い範囲のユビキタスアプリケーションに適応できるかの評価をするのが課題である。また、実社会での活用を考慮すると、信頼できないサービスプロバイダとのインタラクションをより安全にできる機構も考慮する必要がある。

 技術的には、ユーザが享受できるサービス内容と、ユーザから提出するユーザ自身に関する情報とのトレードオフをいかにうまく解決していくかという点と、ユーザとのインタラクションにおいて、快適性を高め、ストレスを無くすことができるかがさらなる課題であり、実用化や商品化に向けては、さらなる改善が必要である。


  ページトップへ   






  Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004