HOME未踏/セキュリティ・キャンプセキュリティ・キャンプ事業セキュリティ・ネクストキャンプ2020 オンライン 前回レポート

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

セキュリティ・ネクストキャンプ2020 オンライン 前回レポート

ご応募ありがとうございました。


セキュリティ・ネクストキャンプ2020 オンライン 選考通過者 決定!

前回レポート /ネクストキャンプ2019

開催概要

開催日  
2019年8月13日(火)〜17日(土)
開催場所 
クロス・ウェーブ府中
参加者数 
6名(男性5名、女性1名)
参加者属性
大学院4名、大学1名、高等学校1名
参加者年齢
16歳〜24歳(平均年齢:21.8歳)
プログラム
https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2019/next2019_program_timetable.html

開催風景

特別講演(倫理)

特別講演を行っている様子。
「 転ばぬ先の法律入門(サイバー空間編) 」
(担当:冨士崎 真治)


☆ネクストキャンプでは、全国大会よりさらにハイレベルな授業を開催しています。

専門講義

全員で協力しながら、授業に取り組む様子。

講義5「暗号アルゴリズムのFPGA実装」
(担当:今岡 通博)

専門講義

解説を受けながら実習を行う様子。

講義7「モブプログラミング」
(担当:内田 公太)

企業プレゼンテーション

企業による情報セキュリティ分野の実務紹介の様子。
(写真は、ソフトバンク株式会社によるもの)

食事

参加者が食事をする様子。
どのメニューも好評でした。

キャンプ期間中の宿泊

参加者へは、1名1室の部屋が用意されるので、4泊5日という長い期間でもしっかりとプライバシーを守ることができます。

セキュリティ・ネクストキャンプ2019に参加した感想

ネクストキャンプ2019に参加された受講生の感想をご紹介します。


大学生 男性 Aさん
セキュリティキャンプの存在を去年知った時にはすでに応募条件の年齢を超えており、参加できないことを残念に思っていましたが、ネクストキャンプの存在を知り、参加することになりました。講義は主に手を動かして演習するタイプのものが多く非常に勉強になりました。実習講義が多い分、キャンプ開催前の事前学習やキャンプ中の宿題などタスクが多く眠れない日もありましたが、充実した楽しい 5 日間を過ごすことができました。

高校生 男性 Bさん
全体的にプログラミング関連の講義が多いという印象でしたが、そんな中、もっとこの分野について学びたい!!と強く思えた講義に出会えたこと、自分のよく知らない分野に挑戦できたことは大きな収穫でした。

大学院生 女性 Cさん
噂で聞いていた以上にレベルの高い人たちが集まっており、たくさんの刺激を得ることができました。とてもハードなスケジュールでしたが、周りの人のやる気に刺激され、なんとか完遂することができました。普段の生活ではなかなか出会うことのできないレベルの技術力の高さを持った人たちと出会い、意見交換をすることができて、これからも頑張って勉強しようと改めて気持ちを引き締めることができました。ネクストキャンプに参加できたことは人生の中で素晴らしい経験になったと思います。

未踏/セキュリティ・キャンプ