HOME未踏/セキュリティ・キャンプセキュリティ・キャンプ事業セキュリティ・キャンプ全国大会2018 セキュリティ・キャンプ全国大会とは

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

セキュリティ・キャンプ全国大会2018 セキュリティ・キャンプ全国大会とは


セキュリティ・キャンプ全国大会とは

セキュリティ・キャンプ全国大会2017~特設HPバナー セキュリティ・キャンプ全国大会は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会が中心となって行っているセキュリティ・キャンプ事業のメインイベントです。
2018年は8月14日から5日間の合宿形式で開催します。
ITセキュリティ技術に興味を持った若者から選抜し、選抜された参加者は受講料、宿泊費、食費、教材費などの負担なく参加することができます。

セキュリティ・キャンプとは

セキュリティ・キャンプとは、日本における将来の高度IT人材となり得る優れた人材の発掘と育成を目的とした独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の事業の一つです。

現代においては、情報セキュリティの脅威は高まる一方です。
本事業では、セキュリティ分野に興味を持ち、将来同分野で活躍したいという意志をもった若者に対して、高度な情報セキュリティ技術の習得機会を提供しています。また、モラルや法律遵守の意識、セキュリティ意識、職業意識、自立的な学習意識についても向上のための機会を提供しています。

本事業は、2004年度のスタート以来、2017年度のセキュリティ・キャンプまでで計663名の将来が有望なIT人材を輩出しています。セキュリティ業界はもとより各方面から、高度なIT人材育成に有益なイベントとして高く評価されています。

開催によせて

坂井 弘亮
講師主査 坂井 弘亮
 セキュリティ・キャンプ全国大会に興味を持っていただき、ありがとうございます。
 みなさんはセキュリティ・キャンプ全国大会に集まり、巣立っていく参加者には、どのような人を想像しているでしょうか。ドラマで見るような「天才ハッカー」のような人ばかりでしょうか。
 いえいえ、我々が発掘し育てたい人材は、それだけではありません。またセキュリティ・キャンプで提供したいものは、そうした「技術」だけではありません。セキュリティとは異なる分野や業界の中でセキュリティの必要性を考えたり、セキュリティ以外の部門と連携したり(もしくはその逆であったり)、セキュリティに関する人材育成に関わったりなど、様々な分野や活動と連携するための多様性も重視しており、幅広い意味でセキュリティに携わる人材を発掘し、育てたいと考えています。
 そしてそうした様々なことを学び、吸収し、成長したいと思っている、熱意のある人を我々は探しています。

 応募のためには課題を提出していただきますが、応募者が定員を超えた場合には、参加者を選考することがあります。しかしこの選考では、セキュリティの知識や経験、課題に対する回答の当たり外れなどに点数をつけて、試験のように合否を判定しているわけではありません。
 あなたの知識欲や吸収力、学習に対するどん欲さ、未知のものや新しいものへの抵抗の無さ、セキュリティによって周りに良い影響を与え社会を良くしたいという気持ちといった、熱意や成長可能性、モチベーションなどを見て、総合的に判断しています。
 選考は、回答の当たり外れの点数で判断しているわけではありません。難しい問題こそ、それにいかに諦めずに取り組むか、いかに自分なりに考えるか、いかに手を動かして調べるかという熱意を見せてほしいと思います。

 また、技術の専門性や多様性、学ぶことへのモチベーション、倫理やモラルなどの醸成のためには、良い友達を作り、刺激や影響を受けることが良いと思っています。
 セキュリティ・キャンプ全国大会では、「同じ興味の方向性を持つ全国の仲間」ともいっぱい出会えることでしょう。ぜひ参加して、良い影響を与え合うような友達を、いっぱい作ってください。

 セキュリティ・キャンプ全国大会を有意義なものにするためには、あなた自身がいかに積極的に取り組むか、そしてそれを楽しむことが大切です。それができれば、5日間という短い期間の中でも、かけがえの無い貴重な経験をすることができるでしょう。
 ぜひ、あなたからの応募をお待ちしています。セキュリティ・キャンプ全国大会でお会いしましょう!

講師主査
氏名 坂井 弘亮
所属 富士通株式会社
プロフィール 富士通株式会社 ネットワークサービス事業本部(富士通セキュリティマイスター)
セキュリティ・キャンプ講師(2018年度は講師主査)、SECCON実行委員、SecHack365トレーナー

幼少の頃よりプログラミングに親しみ、組込みOS自作、多種アーキテクチャのアセンブリ解析などで活動中。
イベント出展・セミナー登壇多数(オープンソースカンファレンスなど)、アセンブラ短歌 六歌仙のひとり(白樺派)、バイナリかるた発案者(エバンジェリスト)、フリーソフトウェア作成。
著書は「12ステップで作る 組込みOS自作入門」、「大熱血!アセンブラ入門」など多数。 技術士(情報工学部門)。
     

上野 宣
PM 上野 宣
 セキュリティ・キャンプ全国大会の選考通過に必要な要素は「熱意」です。そしてその「熱意」を選考を行う講師陣に伝えることが必要です。同じ課題の回答の中で、どうすればあなたの熱意は届くでしょうか。難しい課題もあるかもしれませんが、あきらめずに取り組んでみて下さい。

 あなたがセキュリティ・キャンプ全国大会に参加することになったら、現在の自分の得意分野の講義を受けようとするかも知れません。しかし、自分の知らない分野や不得意だと思っている分野にも目を向けてみましょう。そこには新しい発見があり、自分の成長があることでしょう。
 キャンプは全力で取り組み、全力で楽しむことで、短期間のうちに非常に多くのものを得ることができます。ぜひ、あなたからの応募をお待ちしています。キャンプの会場で会いましょう!

PM(プロジェクトマネージャー)
氏名 上野 宣
所属 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、株式会社トライコーダ
プロフィール 株式会社トライコーダ 代表取締役

2006年にサイバーセキュリティの株式会社トライコーダを設立。脆弱性診断、ペネトレーションテスト、各種サイバーセキュリティ実践トレーニングなどを提供。OWASP Japan 代表、『ScanNetSecurity』編集長などを務める。
(ISC)²が発表した2017年アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)を受賞。

未踏/セキュリティ・キャンプ