HOME未踏/セキュリティ・キャンプセキュリティ・キャンプ事業講義内容

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

講義内容

セキュリティ・キャンプ全国大会2015

セキュリティ・キャンプ全国大会2015

講義区分

専門講義<以下のトラックの講義を時間帯ごとに選択>
 
   
 
特別講義

 
   
   
   
  ページトップへ

高レイヤートラック

【概要】 アプリケーションのプラットフォームや開発に利用される技術は急速に変化しており、十分なセキュリティレベルを維持し続けることは現役の技術者ですら容易でなくなってきています。本トラックでは、Webやクラウド、モバイルプラットフォームをはじめとするあらゆる分野の一線で働く技術者を講師に迎え、アプリケーションの開発現場で必要とされる最新のセキュリティ技術を横断的に身に付けることを目的とします。また、アプリケーションが大規模化する中で抑止することが難しくなりつつある脆弱性問題との向かい合い方をテーマに、未来のセキュリティ技術者のあり方を模索します。

ページトップへ

低レイヤートラック

【概要】 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代が到来し、インターネットにつながるデバイスの種類と台数が増え続け、2020年には500億台以上のデバイスが稼働し、社会インフラを支える存在になると予想されています。各種センサーや通信モジュールの小型化・低コスト化によって、インターネットに接続できるモノを簡単に短期間で開発できるようになりましたが、その反面十分なセキュリティ対策がされることがなく、逆に将来のインフラを脅かす危険性が高まっています。そこで、低レイヤートラックでは、物理配線からパケット処理までの各層におけるモノづくりを実際に体験し、今までブラックボックスであったインターネットとデバイスの動作原理を深く学習し、将来的に様々なレイヤー間で原理的に発生し得るセキュリティ上の問題に気付くことができ、未然に対策できる人材を育成することを目的とします。

ページトップへ

検知トラック

【概要】 IT(ICT)の拡がりと浸透によって人間の活動の多くが情報化され、大量のデータが溢れる時代になっています。その大量のデータの中から何を異常として何を捕捉すればいいのか、検知・検出の技術はますますその社会的要請が高まってきています。Detectionではさまざまな場面での検知、検出を意識し、通信や仮想マシンの挙動、ハードディスクの中身、メモリ、そしてチップや家電の動きなどから異常や攻撃的な何かを捕捉することにフォーカスし、情報セキュリティへの多岐にわたる技術的要請を体感し、追求していくきっかけとなることを目指します。

ページトップへ

解析トラック

【概要】 本トラックでは、様々な脆弱性や攻撃、マルウェアなどを解析、対策する手法を取り扱います。脆弱性はどこに存在するのか?攻撃者はどのようにそれを悪用するのか?アセンブリやデバッガ、OS、仮想マシンモニタといった切り口でこれらを明らかにし、新たな対策を生み出す知見の獲得を目指します。

ページトップへ

特別講義

2名の特別講師をお招きし、ご講演いただく予定です。(講演者は、下記時間割参照)

ページトップへ

時間割

DAY1 8/11(火)

時間 内容 TrackA
<高レイヤー>
TrackB
<低レイヤー>
TrackC
<検知>
TrackD
<解析>
12:30-14:00 ランチセッション
14:00-14:50 開講式
オリエンテーション
15:00-16:00 共通講義 セキュリティ基礎
講師:上野 宣
16:00-16:30 グループワーク(1) イントロ
16:30-17:30 特別講義(1) 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
17:30-19:00 夕食
19:00-20:00 特別講義(2) 警視庁 サイバー攻撃特別捜査隊
20:00-20:30 チューター成果報告  
20:30-22:00 専門(1) 1-A
バグハンティング入門

講師:
Masato Kinugawa
1-B
AVRマイコンで作るBadUSB自作入門

講師:
竹迫 良範
1-C
仮想通貨ビットコインの技術解説

講師:
漆嶌 賢二
1-D
Linuxにおける脆弱性攻撃とその対策

講師:
稲積 孝紀
岩村 誠

DAY2 8/12(水)

時間 内容 TrackA
<高レイヤー>
TrackB
<低レイヤー>
TrackC
<検知>
TrackD
<解析>
06:30-08:00 朝食
08:30-10:25 専門(2) 2・3-A
SSL/TLSの基礎と最新動向

講師:
大津 繁樹
2・3-B
ツール自作で知るパケットとネットワークの仕組み

講師:
坂井 弘亮
2・3-C
攻撃検知と機械学習

講師:
園田 道夫
松田 健
2・3-D
様々な脆弱性攻撃手法とその解析(仮)

講師:
岩村 誠
稲積 孝紀
10:35-12:30 専門(3)
12:30-13:30 昼食
13:30-15:25 専門(4) 4-A
HTTP2/QUIC入門

講師:
大津 繁樹
4・5-B
物理層から始める10BASE-T通信デバイス自作

講師:
今岡 通博
4・5-C
遠隔操作マルウェアの検知および検知回避

講師:
凌 翔太
4-D
TOMOYO / AKARI / CaitSith ハンズオン(アクセス解析初級)

講師:
半田 哲夫
15:35-17:30 専門(5) 5-A
JavaScriptの難読化読経

講師:
はせがわようすけ
5-D
TOMOYO / AKARI / CaitSith ハンズオン(アクセス解析中級)

講師:
半田 哲夫
17:30-19:00 夕食
19:00-20:50 専門(6) 6-A
Webプラットフォームのセキュリティ

講師:
西村 宗晃
6-B
一夜でできる?!PC用OS自作入門

講師:
川合 秀実
6-C
ネットワーク通信から不審なものを見つけてみよう

講師:
川口 洋
6-D
TOMOYO / AKARI / CaitSith ハンズオン(アクセス制限初級)

講師:
半田 哲夫
21:00-22:00 グループワーク(2) イントロ

DAY3 8/13(木)

時間 内容 TrackA
<高レイヤー>
TrackB
<低レイヤー>
TrackC
<検知>
TrackD
<解析>
06:30-08:00 朝食
08:30-10:25 専門(7) 7・8-A
HTTPプロキシ入門

講師:
廣田 一貴
国分 裕
7・8-B
エミュレータ改造で知る様々なCPUアセンブラ

講師:
坂井 弘亮
7・8-C
完全性を支える技術 -デジタル署名から実用的な改ざん検知まで-

講師:
忠鉢 洋輔
浅田 拓也
7・8-D
脆弱性攻撃と対策(仮)

講師:
愛甲 健二
10:35-12:30 専門(8)
12:30-13:30 昼食
13:30-15:25 専門(9) 9-A
スマートフォンゲームやソーシャルゲームにおける不正行為の問題点と対策

講師:
杉山 俊春
9・10-B
FPGAによる独自CPU開発入門

講師:
伊藤 剛浩
9・10-C
脆弱性検出実践(ファジングによる検出と脆弱性報告)

講師:
山下 勇太
篠原 崇宏
9-D
脆弱性攻撃と対策(仮)

講師:
愛甲 健二
15:35-17:30 専門(10) 10-A
AndroidとiOSのアプリサンドボックス

講師:
佐藤 勝彦
千田 雅明
10-D
コードから読み解くマルウェアの真実(マルウェア分析概論、静的分析基礎)

講師:
中津留 勇
17:30-19:00 夕食
19:00-20:25 専門(11) 出張 CTF for ビギナーズ 2015 幕張 in セキュリティ・キャンプ
20:35-22:00 専門(12)

DAY4 8/14(金)

時間 内容 TrackA
<高レイヤー>
TrackB
<低レイヤー>
TrackC
<検知>
TrackD
<解析>
06:30-08:00 朝食
08:30-10:25 専門(13) 13・14-A
これからのWebセキュリティ

講師:
はせがわようすけ
吾郷 協
Jxck
西村 宗晃
13・14-B
独自CPUのためのgcc,gas移植と改造

講師:
川田 裕貴
13・14-C
フォレンジック技術を用いたインシデントレスポンス

講師:
関 宏介
13・14-D
コードから読み解くマルウェアの真実(実践マルウェア分析)

講師:
中津留 勇
10:35-12:30 専門(14)
12:30-13:30 昼食
13:30-15:25 専門(15) 15-A
クラウドセキュリティ基礎

講師:
仲山 昌宏
15-B
レイヤ1からのネットワークセキュリティ - 光ファイバの盗聴および侵入手法の研究

講師:
登 大遊
松本 智
15・16-C
ハードウェアセキュリティ(サイドチャネル攻撃の仕組みと対策)

講師:
猪俣 敦夫
15・16-D
仮想化技術を用いたマルウェア解析

講師:
黒米 祐馬
愛甲 健二
15:35-17:30 専門(16) 16-A
クラウドセキュリティ演習

講師:
仲山 昌宏
16-B
レイヤ1からの通信サービス - 1G Ethernet専用線の構築実習

講師:
松本 智
登 大遊
17:30-19:00 夕食
19:00-20:50 企業プレゼンテーション
21:00-22:00 グループワーク(3)

DAY5 8/15(土)

時間 内容 TrackA
<高レイヤー>
TrackB
<低レイヤー>
TrackC
<検知>
TrackD
<解析>
06:30-08:00 朝食
09:00-12:00 グループワーク(4) 発表
12:00-13:00 昼食
13:00-14:00 成果報告会
14:00-15:30 閉講式


ページトップへ

未踏/セキュリティ・キャンプ