HOME未踏/セキュリティ・キャンプセキュリティ・キャンプ事業セキュリティ&プログラミングキャンプ2009

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

セキュリティ&プログラミングキャンプ2009

 セキュリティ&プログラミングキャンプ2009は合宿形式の研修で、ITに対する意識の高い若者に対し、情報セキュリティおよびプログラミングに関する高度な教育を実施することにより、技術面のみならずモラル面、セキュリティ意識、職業意識等の向上を図り、将来のIT産業の担い手となり得る優れた人材の発掘と育成を目的としています。独立行政法人 情報処理推進機構およびセキュリティ&プログラミングキャンプ・コンソーシアム(財団法人日本情報処理開発協会、NPO日本ネットワークセキュリティ協会)が主催し、2009年8月12日(水)~16日(日)に下記概要により実施しました。
 実施の詳細につきましては以下のURLで公表しています。
http://www.jipdec.or.jp/archives/project/camp/

セキュリティ&プログラミングキャンプ2009 概要

主催 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
  セキュリティ&プログラミングキャンプ・コンソーシアム
(財団法人 日本情報処理開発協会(JIPDEC)、NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA))
共催 経済産業省
後援 文部科学省
開催期間 2009年8月12日(水)~16日(日) 4泊5日
開催場所 財団法人海外職業訓練協会(OVTA)
参加資格 日本国内に居住する、22歳以下の学生・生徒(2010年3月31日時点の年齢)
参加費用 無料(自宅と会場間の交通費、宿泊費、食事代(3食)、講義代、テキスト代、機器/施設使用料など)
募集締切 2009年7月6日 17:00(必着) 締め切りました
選考方法 書類選考
募集人数 約60名(セキュリティコース、プログラミングコース合わせて)

「セキュリティ&プログラミングキャンプ・キャラバン2009」について

セキュリティ&プログラミングキャンプの成果とその蓄積されたノウハウを広く一般の方々にもご理解いただくことと、これからキャンプに参加していただきたい若い方々に正しい情報セキュリティの理解と意識の向上を図ってもらうこと、オープンソースソフトウェア(OSS)を中心としてプログラミングやアプリケーション開発について興味を持っていただくことを目的としたイベント「セキュリティ&プログラミングキャンプ・キャラバン2009」を全国5箇所(予定)で実施します。実施の詳細につきましては以下のURLで公表しています。
http://www.jipdec.or.jp/archives/project/camp/caravan/index.html

セキュリティ&プログラミングキャンプ・キャラバン2009 概要

主催 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
  セキュリティ&プログラミングキャンプ・コンソーシアム (財団法人 日本情報処理開発協会(JIPDEC)、NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA))
開催日程 キャラバン神戸
 2009年12月12日(土) カーネギーメロン大学日本校
  キャラバン新潟
 2009年12月19日(土) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」
  キャラバン東京
 2009年12月23日(祝) 日本電子専門学校
  キャラバン福岡
 2010年1月9日(土) 福岡商工会議所
  キャラバン名古屋
 2010年1月23日(土) 名古屋市立大学
基本的な
プログラム※
1.セキュリティ&プログラミングキャンプの紹介
2.正しい情報セキュリティを学ぶ
3.プログラミング基礎
4.最新の情報セキュリティ技術の動向を知る(キャンプ講義から)
5.最新のプログラミング技術の動向を知る(キャンプ講義から)
6.参加者と講師陣とのフリーディスカッション(キャンプ卒業生の研究成果発表が入ることもあります)
※会場によって講義内容が異なる場合があります。各会場のプログラムをご確認ください。
参加資格 どなたでも参加できます。
参加費用 無料
詳細 http://www.jipdec.or.jp/archives/project/camp/caravan/index.html
   

未踏/セキュリティ・キャンプ