HOME未踏/セキュリティ・キャンプ未踏事業未踏アドバンスト事業:2019年度実施プロジェクト概要(高橋PJ)

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

未踏アドバンスト事業:2019年度実施プロジェクト概要(高橋PJ)

最終更新日:2019年8月1日

1.担当PM

James Kuffner
 ・Toyota Research Institute Advanced Development CEO

2. 採択者氏名

髙𣘺 新吾(広島大学 国際協力研究科 准教授)
森名 出日人(シーオス株式会社 ロボティックス課 ロボティックスエンジニア)
髙𣘺 アナ マリア(神戸大学 経済学研究科 研究員)
Krupali Mistry(大阪大学 サイバーメディアセンター テクニカルアシスタント)

3.契約金額

10,000,000円

4.プロジェクト名

インセンティブ設計とスマートロックを活用した自転車シェアの最適化「Incentivizing bike sharing」

5.関連Webサイト

なし

6.実施プロジェクト概要

 都市への人口集中とそれに伴う自動車保有率の減少が進むなかで、シェアサイクルに対する需要は一層増すものと期待される。しかし、既存のシェアサイクルは2つの構造的な問題を抱えている。第一は、自転車・ポート・人件費といったコストがすべてサービス運営者持ちであることである。高コストのため、サービスの拡大が困難である。第二は、適切なポート位置を調査するにはコストがかかるため、ニーズの取りこぼしが多く発生していることである。
 上の問題を解決するため、本プロジェクトでは、一台から、どこでも、個人でも事業主でも、自転車を貸してお金を稼ぐことができるという、新しいシェアサイクルサービスを構築する。まず、貸主が自転車とポートを用意し、メンテナンスを行うため、運営コストがかからず、サービスの拡大が容易となる。また、現地事情に通じている人が貸主となってポートを決めるので、人々のニーズが反映されやすい。本プロジェクトでは、スマートロック、アプリ及びサーバーシステムを開発し、パイロットプロジェクトを遂行して改善を重ね、市場での事業化の道筋を作る。

7.採択理由

 Very strong, diverse team with a fairly well-developed business plan. If successful, could have high-value market impact - I love the cross-combination of AirBnB and MaaS for clean, environmentally-friendly urban transportation on-demand.
 A relieable, working, inexpensive smart lock seems to be the key to realizing a business pilot, in addition to a mobile app for both renting, tracking, and securing / locking bikes on the network.
 Overall, I was very impressed and would love to work with this team.

更新履歴

2019年8月1日 2019年度実施プロジェクト概要(髙𣘺PJ)を掲載しました。

未踏/セキュリティ・キャンプ