HOME社会基盤センターア・ジャパン~ありえる日本の未来のかたち~

本文を印刷する

社会基盤センター

ア・ジャパン~ありえる日本の未来のかたち~

最終更新日:2021年3月17日
2020年12月11日公開
独立行政法人情報処理推進機構
社会基盤センター人材プラットフォーム部

デジタルトランスフォーメーション(DX)に代表されるように、変化の激しいデジタル時代においてはさまざまな変革が求められています。
 本動画は、このような背景を踏まえ、変革のカギである「アジャイル(なふるまい)」に着目し、なぜアジャイル(なふるまい)が必要か、熱い想いをもった方々にインタビュー形式で語っていただいています。アジャイル(なふるまい)で様々な変革へ挑もうとしている方へのネクストアクションのきっかけに、また、変革を躊躇している経営者や部門長にアジャイル(なふるまい)への理解の促進になれば幸いです。
 タイトル「ア・ジャパン~ありえる日本の未来のかたち~」には、もうひとつの可能性の国、Aクラスの日本の可能性、アジャイルの頭文字、あじゃぱーという元気になるマジックワードの4つの意味が込められています。

第1弾は、株式会社永和システムマネジメント代表取締役社長 平鍋健児氏をお迎えして、福井の仕事場から変化に対応するために必要なことなど臨場感に溢れるお話をしていただきました。

株式会社永和システムマネジメント代表取締役社長、
株式会社チェンジビジョンCTO、Scrum Inc. Japan 取締役
福井にて受託開発をしながら、UMLエディタastah*などの開発を経て、オブジェクト指向設計、アジャイル開発を国内で普及推進。ソフトウェアの開発現場をより協調的に、創造的に変えたいと考えている。Agile Japan 初代実行委員長。
著書『アジャイル開発とスクラム』(野中郁次郎と共著)など多数。
vol.1  平鍋健児氏 width=

第2弾は、石井食品株式会社代表取締役社長 石井智康氏をお迎えして、“小さい失敗をいっぱいする”とは?などアジャイルな取り組みについて工場の様子も交えてお話をしていただきました。

石井食品株式会社 代表取締役社長執行役員、
千葉県船橋市出身。2006年6月にアクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ(現アクセンチュア)に入社。ソフトウェアエンジニアとして、大企業の基幹システムの構築やデジタルマーケティング支援に従事。2014年よりフリーランスとして、アジャイル型受託開発を実践し、ベンチャー企業を中心に新規事業のソフトウェア開発及びチームづくりを行う。
2017年から祖父の創立した石井食品株式会社に参画。地域と旬をテーマに農家と連携した 食品づくりを進めている。認定スクラムプロフェッショナル。アジャイルひよこクラブ設立メンバー。
vol.2 石井智康氏

第3弾は、株式会社アカツキ Chief of Staff, Games湯前慶大氏をお迎えして、“変化に適応する組織に必要なこと”や“アカツキのチームスタイル”など変革への取り組みについてお話をしていただきました。

株式会社アカツキ Executive Leadership Team
Chief of Staff, Games 兼 VP of Engineering
新卒で日立製作所システム開発研究所(現横浜研究所)に入社。
Linuxカーネルのアップストリーム活動に従事。2014年10月にクライアントエンジニアとしてアカツキに入社。2017年4月よりVP of Engineeringとしてエンジニア組織のマネジメント業務を行いながら組織づくりに従事。2020年6月よりChief of Staff, Gamesとして、ゲーム事業全体の組織づくりを遂行している。
vol.2 石井智康氏

関連リンク

ITSS+(プラス)・ITスキル標準(ITSS)・情報システムユーザースキル標準(UISS)関連情報
「アジャイル領域」
https://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/itssplus.html#section1-4

更新履歴

2021年3月17日 「ア・ジャパン~ありえる日本の未来のかたち~vol.3」動画の公開
2021年3月10日 「ア・ジャパン~ありえる日本の未来のかたち~vol.2」動画の公開
2020年12月11日 「ア・ジャパン~ありえる日本の未来のかたち~vol.1」動画の公開